2015年12月03日

ケビン・デュラントの殿堂入り@ その経緯


OKCからこんにちは。
YOKOです。

オクラホマにはケビン・デュラントが住んでいて、ラッセル・ウェストブルックも住んでいます。そんなことはNBAファンなら当然知っていますよね?

じゃあ、オクラホマにランディ・バースも住んでいることはご存知ですか?
あの、『神様、仏様、バース様』で知られる、阪神タイガースの助っ人外人、ランディ・バースです。

彼は住んでいるどころではなく、オクラホマで議員をしています。若い人にはバース自体がわからないかもしれないけど、それでも彼がオクラホマに住んでいることはサンダーファンの間では意外と有名な事実だったりします。

そしてさらに、実はオクラホマにはナディア・コマネチも住んでいるんですね。
若い人はもっと知らないかもしれないですが、体操のオリンピック金メダリストであり、日本ではビートたけしのギャグ「コマネチ!」のネタにされた、あのコマネチさん。

そのコマネチが、カタールを訪れた際に交わした王族の息子との会話が、ある記事に紹介されていました。

王族の息子「どこに住んでいるんですか?」
コマネチ 「オクラホマに住んでいます。」

これまで過去何十年も世界各地を訪れ、行く先々で同じことを聞かれてきた彼女。こう答えるとほぼ皆、キョトンとした顔をするのが当然だったのに、この王族の息子はこう続けたらしいのです。

「え!?僕はサンダーの大ファンなんです!KDは元気ですか?」


このエピソードは私にも非常に馴染みがあります。

私の場合は世界各地ではないけれど、「オクラホマに行く」「オクラホマに引っ越す」「オクラホマに住んでいる」と誰かに伝える度、大体の人が『それはどこ?』という顔をします。

もうひとつ多かった反応が、「あ!オクラホマミキサーの!」(苦笑)

そう、日本人にとっては、オクラホマで最初に浮かぶのはオクラホマミキサー。
(実はオクラホマミキサーはオクラホマとは特に関係がないことはあまり知られていないけど。)

NBAファンやサンダーファンの仲間ができてからは、「オクラホマと言えばサンダー」という会話が成り立つようになって、「サンダーのホームに住んでいるんですか?」「アリーナは近いですか?」に始まり、「羨ましいなあ」という言葉まで出てくることが…。


日本で、そしてカタールで、ヨーロッパやアフリカ、アジアで、世界中で、NBAファンがオクラホマシティという地名を知っているという、すごさ。

これがどれだけすごいことか、わかってもらえるでしょうか。
少しでもわかってほしくて一つ前の記事『私がサンダーを好きな理由』を書いたので、伝わっているといいな。


ケビン・デュラントが、若干27歳の若さで、オクラホマに住んでたった8年で、オクラホマ州の殿堂入りを果たした理由はここにあります。

スポーツの殿堂入りではなく、オクラホマ州の殿堂入り。
オクラホマ民にとって最高の名誉であり、州に多大な貢献をした者だけが受けることができる名誉。


KDが殿堂入りのニュースを聞いたのは、今年の6月11日。
そしてその式典が、2015年11月19日にオクラホマ州タルサで行われました。

「殿堂入りしたと聞いた時にはあまりのことにちょっと言葉を失ったよ。」とKDはその時のことを話します。

「26歳で何かの殿堂入りなんてかなり若いから。気分はよかったけど、でもどう受け止めていいかわからなかった。自分はまだまだできると思ってるし、道半ばだと思っているし。でもやっぱり素晴らしい栄誉であることには変わりないし、ここにいられることをただただ光栄に思っている。自分の家族や出身を代表できるのも幸せだよ。本当に素晴らしい日だね。」

KD&Russ.jpg

これまでも、全米レベルで有名なエンターテイナーを始め、経営者、野球選手やフットボール選手が名を連ねるオクラホマ州の名誉の殿堂。野球選手のミッキー・マントル、オクラホマの空港の名前にもなっているカウボーイで俳優ウィル・ロジャーズもその一人。

そして今年同じく殿堂入りしたのは、College Football Playoffのエグゼクティブディレクター、Bill Hancock氏や、Victoria's SecretのCEO、Sharen Turney氏など、各界から選ばれたメンバーで、年配者がほとんどであることが写真からもわかるでしょう。

集合写真.jpg

その仲間入りをしたKDは言います。
「バスケットボールをやってもらった賞はたくさんある。バスケットボールプレイヤーとして色々とやってきたからね。でも今日ここでもらったこれは違うんだ。これは実際に人々に影響を与えたってことだから。バスケットボールのパーティには慣れているけど、この州や国に素晴らしい貢献をしたこんなにたくさんの人に囲まれて、その仲間でいられることを光栄に思うよ。」

彼が殿堂入りしたのは、オクラホマの知名度を上げたことだけが理由ではありません。

2013年ムーアで竜巻被害があった時には誰よりも先に100万ドルの寄付をし、被災地に足を運んで被災者を励まし、勇気を与えたのはKDでした。サンダーの選手・関係者も続々それに続きましたが、家が吹き飛んだ後に残された木にKDのユニフォームが揺れる写真を見た時には、サンダーが、KDが、彼らの支えであり希望なんだと改めて感じさせられたのを覚えています。

KDは当時のことを振り返りながらこう語ります。
「今日みたいな夜のことを考えてそういうことをしてるわけじゃないけど、でも基本的に俺はここでティーンネージャーから若者へと成長してきたんだよね。ここでたくさんのことを経験したよ。その経験が今の自分や自分のしてきたすべてを形作った。どこに住んでいるかを単に周りに知らせてるわけじゃなくて、誰のためにプレイするのか、そういうすべてがハートから来てるんだよ。ここにいる間に本当に色々なことがあったから、殿堂入りしたことはとても嬉しいね。」

KDのコミュニティへの貢献は、物質的なものだけではなく、精神的なものがとても大きいように感じるのですが、それはKDの行いや発言から、嘘偽りのない愛が感じられるからなのかなと思ったりもします。


このニュースを受けて、今シーズンのオフにKDがFAになることを考慮して、このタイミングで殿堂入りの名誉を与えたのではないかと邪推する人も少なからずいます。

そして確かにそのことがよぎらなかったということはないかもしれません。来年去ってしまう可能性を考えれば今このタイミングしかなかったでしょうし。

でもタイミングはどうあれ、この形がオクラホマ民にとってKDにできる、一番の感謝の気持ちの表し方だったのではないかと私は思うのですよね。

だから私もオクラホマ民の一人として、彼にメッセージを贈りたいと思います。

Kevin,
オクラホマに来てくれて本当にありがとう。
貴方がいることで、コミュニティが、オクラホマの人々がどれだけ救われているか。
夢と希望をありがとう。
オクラホマ民であることを誇りに思います。
愛と感謝を込めて,
YOKO



参考記事
'Overwhelmed' Kevin Durant inducted into Oklahoma Hall of Fame by Royce Young
The reason Kevin Durant is an Oklahoma Hall of Famer: No one has raised our state’s profile higher by Jenni Carlson
この記事へのコメント
お久しぶりです。
Twitterから前の記事ながら拝見させていただきました。

州にも殿堂入りなんてあるんですね、初めて知りました。
以前にYOKOさんから
「サンダーができる前のオクラホマには、有名なものがカレッジのアメフトしかなかった」
なんて話を聞いてサンダー、今回で言うとKDがオクラホマに多大な影響を与えたんだなと、そしてそれが評価されたんだなと感じました。
やっぱりKDファンとしては嬉しいですし、これが今オフのFAに前向きに影響して欲しいですね!

あと、オクラホマの認知度。
オクラホマミキサーはサンダーあるあるですね笑
普通に経験あります
いや、むしろサンダー知ってるのにオクラホマミキサーを知らないほどでしたけど

今回の殿堂入りで少しでもKDがサンダーが有名になればと期待しています!
Posted by kdu at 2015年12月04日 08:54
>kduさん、

お久しぶりです!お元気ですか?(笑)

そうなんですよ、州にも殿堂入りがあるんです。私も今回初めて知ったんですけどね。KDの殿堂入りは本当にすごいと思います。異例の若さだし。でもそれだけ素晴らしいインパクトを残しているんだなと思いましたね。

チームの調子がいまひとつ上がってこないのがとっても気になるところではあるけれど、こういうコミュニティとの絆が少しでもKDの今後にいい形で影響してくれたらいいなと、ファンとしてはやっぱり考えちゃいますね。

オクラホマミキサーはサンダーあるあるですよね〜。でも、kduさんがサンダー知っててオクラホマミキサー知らなかった系とは!笑)よくよく考えたら、コマネチやバースと同じくらい、もうオクラホマミキサーも若い読者には伝わらないのかなと後から心配になりました。もう学校で踊ったりしなさそうだし(笑)。

Posted by YOKO at 2015年12月04日 15:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック