2015年01月14日

サージ・イバカのサイン会情報を入手!


OKCからこんばんは。
更新がんばるYOKOです。

これはもうかなり前のお話になるのですが。

プレシーズンの一環で、サンダーのスクリメジ(青白戦)を見ることができて、さらにはサンダーのGM、サム・プレスティと遭遇したりなんかして、かなりテンションが上がってた10月初旬のこと。

プライベートでも大きなイベントがひとつ終わって少し余裕ができてきた頃、某Rさんからこんな情報をいただいたんです。

来週くらいにイバカのサイン会があります。


某Rさんはスポーツ業界で色々な選手に会って写真を撮ってたりサインをもらったり知り合いになったりと、何かとその界隈で顔の広い方で、そういう案内もメール等で送られてくるそうです。

別件でやり取りしていた流れでかる〜くイバカのサイン会情報をいただいて、なぬ?と思った私。

特別イバカのファンではないけれど、サンダーの選手に会えるチャンスはそんなにあることじゃないし、これは現地在住サンダーブロガーとしても行っておくべきなのか?とふと思ったのです。

某Rさんからいただいた情報はこちら
Ibakaautosession.jpg-small.jpg

早速ググってみると、主催者(Icons of OKC)のFacebookのページがありました。

それらの情報によると、

10月18日の3pm-4pm、Biltmore Hotel にてイバカのサイン会
参加費用は40ドル


40ドル…

そこで悩みました。

繰り返しますが、私は特にイバカのファンではありません。
(イバカのファンじゃないわけでもありません。サンダーの選手は皆好きです。ただサンダーのBIG3にイバカはまだ入れないと思ってるタイプ。かっこいいと思うし、がんばっているのは認めるのだけど、スターとして何かが足りない。)

そしてこれまでサイン会というものに行ったこともないので、そもそもの相場もわからず、40ドルが高いのか安いのか判断もつかないわけです。

ただ普通にオクラホマで生活する身からすると、一般的に40ドルは高いという印象。

サイン会としては、これがKDやラスなら超お得なんでしょうが、そこがイバカだとまた微妙にわからないというね…。

この一ヶ月後にはラスに会うために100ドル以上のお金をかけるなんて思ってもないし(まあサングラス代だけど)、アリーナに試合見に行けば結構いろんな選手に遭遇できるなんてこともわかってなかったし。。。

数日悩んだ結果、こういうイベントもOKCにいるから行けるわけだし、どんな感じなのかは行ってみないとわからないってことで、行ってみることにしました。

スクリメジの時と同じで、『やらない後悔よりもやって後悔』を選択!

Facebookを見ていると、当日直接行ってもおそらく大丈夫だけど、時間が1時間に限定されてるので、参加人数によってはどうなるかわからないという情報もあり、前売り券をゲットすることに決めました。

前売り券を売っているのは、Legend of the Game というショップ。

2箇所で売られていたのですが、こっちの方が家から近かったので。

外観
-10.jpg

この時はまだ、このサイン会がどういうイベントの中で開かれるのか、主催者はどういう関係の人なのかということを全然理解していなかった私。

Legend of the Game に入って初めて、ああ、そういうことね!と気づきました。
-11.jpg

それはスポーツ関係のトレーディングカードやサイングッズを取り扱うショップで、サイン会をするのはそういうグッズを扱うショップが出展するイベント会場だったんですねー。

ちょうど Twitter でもNBAクラスタがカードのことで盛り上がるのを見ていたので、カードについて何も知らない私も興味津々で店内をうろうろ見て回りました。

NBAのカード以外にも、さすが地元大学のOUのカードやら、その他諸々売られていました。

とりあえず、私はサンダーのカードをチェック。
-1.jpg

-2.jpg

-3.jpg

-5.jpg

-4.jpg

-6.jpg

-7.jpg

相場も何もわからないので見るだけで。

カードを見つつも、店主とおぼしき黒人男性と時折スモールトークをして様子を伺い、少し馴染んだところでイバカのサイン会の前売り券について尋ねてみました。

すると、チケットには番号が振られていて、その順番でイバカと会うのだと説明をしてくれます。

実はイバカ、同じ主催者のイベントで以前にもサイン会をやっているらしく、店主さんは「前回はツーショット写真を撮ってる人もいたし、遅い番号だと時間が押してダメな場合があるけど、早い番号だったら比較的余裕があるから写真も撮れると思うよ。」と教えてくれました。

それも、このショップはそのイベントの出展者で主催者とも懇意のため、優先的に早い番号の前売り券をもらっているとのこと。

その日手元に何番のチケットが残っているか確認すると、押さえていたけど取りに来ないままの人の分をまわしてくれると言ってくれて、その番号は5番。日本人サンダーファンに向けてブログを書いているのでこのお店も話も出していいかと確認すると、「逆にブログに書いてくれるならと30ドルにまけておくよ!」と言ってくれたんです!

もちろん、商談成立!

その優しい店主、Antoine(アントワン)さん。
-8.jpg
後ろにはサンダーの選手のサイン入りTシャツw

彼はお客との距離の取り方もなかなか良くて、強引に話しかけもしないし、話しかけにくい雰囲気も作らない感じの人。

色々な商品が揃っているので興味のある人は是非行ってみてください。

ただし、ショップのあるエリアは閉まっている店舗が多くてなんともさみしい感じで、実は私たちがお店を出る時タンクトップを着たタトゥーだらけのラテン系お兄ちゃんが二人、広い駐車場にポツンと停まった車に歩いて行き、窓越しになにやらやり取りを始めたのを目撃したのです。

なんとなく見ていると、「あれはドラッグの売買だな。あんまり見ないほうがいい。」とダンナが一言。

怪しげではあったけど、留学中も含めて幸運にもアメリカ生活でそういう場面に出くわしたことのない私は、『そうなのねえ。ああいう感じなのねえ。やっぱりねえ。』とある意味納得。

危なそうなエリア、危なそうな雰囲気には敏感になっておいた方がいいなと改めて思いました。

その辺全部がそうなわけじゃないですが、そのショップがたまたまそういう寂れた所にあるので、行く場合は明るい間に、できれば複数人で行くか、ショップの目の前に車を停めて最小限の移動で済むようにすることをオススメします。

そんなわけで、イバカに会うことが決定!

特にファンじゃないと言いつつも、会うことになったらなったで、それはそれはとっても楽しみで。

実物はどんな感じだろう?
どのくらいの近さで会えるのかな?
サインは何にしてもらおう?
話しかけてもいいのかな?
写真撮ってもらえるかな?

サイン会当日まで、あれこれと考えてドキドキとワクワクが止まらなかったのを覚えています。

ドキドキの当日の話は次回!


この記事へのコメント
ラッセルツアーからシーズンチケット、そしてイバカサイン会と怒涛の更新ですね!
おかげで現地観戦熱が再発しております!
高熱です!


現地で「体験」した生の内容なので、興味津々で読んじゃいますよ。
うらやましい!

ということで遅くなりましたが今年もよろしくお願い致します!


Posted by しゅう at 2015年01月14日 20:02
>しゅうちゃん、

コメント毎度あり!

サンダーの試合がないうちに、と思って更新がんばっております。

現地情報をいっぱい書こうとすると、面白い記事の翻訳とかが抜けちゃったりするのですが、しばらくはとにかく現地での経験談を中心に書くつもりです!まだまだ続くので是非また覗きに来てくださいね〜。

高熱注意です!笑

こちらこそ、今年もよろしくお願いします。
まずは、土曜のサンダーナイト、盛り上がりますように!

Posted by YOKO at 2015年01月15日 06:40
私もわりとコレクターなのでこういうお話は大好物なんですけど、何故かカード系だけは反応しないんですよね。
たぶん小学生の時にメンコを1000枚ほどクラスメートからぶんどって(メンコで勝ってね)、そのメンコを手放した時に紙モノの収集欲は終了したんだと分析してるんですけど。
ジャージにサインなら欲しいなあ★
でもサインで絶対決めてることがあるんです。それは「自分でもらう」ってこと。「体験」が一番だいじだと思ってます。
だから、
やらない後悔よりやって後悔、を私も支持します!
Posted by aderin at 2015年01月16日 18:11
> aderinさん、

私もまだカードには気持ちが動いてないですねえ。並んでるのを見てると、おお!ってなるんですけどね。ご存知収集癖のあるダンナが始めちゃう可能性はあるかもw

サインは自分でもらいたいっていうのわかります。私もサインそのものは実はそれほど興味ないし、集めるぞ!って感じではなくて、選手がそこにいてやり取りがあって、その上でついてくるものという位置付けです。まさに「体験」重視。

だからそんな機会があることを幸せに思うし、と同時に、その場の雰囲気とか、『こんなこと起きるよ!』みたいなことをブログでシェアしていきたいと思うんですけどね〜。
(ブログの悩みは尽きない・・・)

やらない後悔よりやって後悔、aderinさんの支持表明を励みに、今後もがんばって突撃します!


Posted by YOKO at 2015年01月17日 04:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。