2015年01月09日

Russell Tour Part6 〜 ロケッツ戦@チェサピークアリーナ 〜


さて、大変長らくお待たせしました。
せめて昨年中に書き上げたかった、ラッセルツアーの続きです。
時間かかりましたが、これで最終回。
いっぱい書いて超長くなりました。すみません。

今回は、ラッセルとの再会(握手に記念写真に会話まで!)で盛り上がった翌日、らまださんとYukikoさんにとっては最終日となる11月16日のロケッツ戦のお話です。

二人が来ていた11月半ばはなぜかOKCに寒波も来ていたと以前書きましたが、とうとうこの最終日には、やっぱり雪が降ってしまいました。。。

OKC、11月半ばにして初雪です。
snowing.jpg

確かに天気予報では滞在中のどこかで雪になるとの話でしたが、実はなんとかなるんじゃないかと期待もしてたんです。

でもアヤシイ気配を感じていて、それもあって、前日はイベントてんこ盛りだったのにもかかわらず、走れるうちにあちこちドライブしてショッピングもある程度済ませておいたという裏話があったりも。

朝起きてはじめは雪がちらほら程度だったのが、次第に本格的に降ってきたので、二人と相談してこの日はゆっくりスタートにさせてもらいました。
というのも、私は雪道を運転したことがないのです。

雪の降らない地域(降っても何年かに一度で降ったら記念写真必須)に生まれ育った私は、これを一番恐れていました。

自分だけなら、雪が降ったら出かけなければいい。
どうしてもというなら、ダンナに頼めばいい。

でも今回はツアーの真っ最中で、ダンナは仕事。

事前に、「車間距離は十分に取れ」「橋の上は滑るからそれは避けろ」「ゆっくり走れ」「オクラホマの人は雪道の運転をなめてるから気をつけろ」と、ダンナ(ネブラスカ州出身)からアドバイスを受けていた私は、お昼過ぎに意を決して、二人が滞在するホテルまでとりあえず行ってみることに。

道中は想像以上に緊張の連続でした。
ちょっとブレーキを踏むとスリップする箇所があったり、信号で止まって走り出そうとするとタイヤがから回ったり、ゆるーい下り坂のカーブの先で信号が赤になっていて横滑りしそうになったり。

時速15km/hくらいの超低速走行で、いつもより相当時間をかけてブリックタウンのホテルに辿り着きました。

部屋で改めて相談して、私が日頃慣れているエリアでかつダウンタウンから遠くない範囲限定で行動しようということで、とりあえずオーガニック食品などを揃えているWHOLE FOODSでお土産をゲットし、ペンスクエアモール近くのレストランで遅めランチを食べて戻ってこようということになりました。

らまださんとYukikoさんを乗せての運転はさらに緊張して、まさに10時10分でハンドルを握って前のめりの姿勢。普段は片手でハンドル握るし、できるだけ楽な姿勢だし、自分で言うのもなんだけど、運転は自信がある方(いろんな意味で)。だからこの日の私は、日本でこんなドライバー見つけたら、絶対に近寄らない!って自分で思うくらい下手そうな見た目だったはずです。

でも何より安全が大事!なんとか初めての雪道を無事に乗り切って、予定通り二人をホテルに送り届け、そして再び自分の家まで戻ってきたのでした。

この日、ロケッツ戦は7時から。

つまり開場は5時半。仕事から戻ったダンナと合流してまたダウンタウンへと向かったのですが、ちょっと遅くなってしまい、開場時間には間に合わず。二人にはその旨連絡して先に行っていてもらって良かった!と思いました。

というのは、その日は珍しくKDとイバカがコートに現れたらしく、早く来たファンはサインがもらえたりしたそうなのです。

まだまだスーツを着てる選手が多いのに、雪の降る中、早い時間からアリーナに足を運んでくれるファンにしっかりサービスしましょうってことでしょうか。

KDは今シーズン、ホーム初戦に引き続き、2度目。イバカは多分初です。ホームではほんとに滅多に出て来ないメンバーなので会えるのは超ラッキー。

Yukikoさんは無事KDからサインをゲット。イバカはもういなかったらしいです。

私たちが練習を見に行った時はペリジョンがいて、練習終了後にファンサービスを始めてくれました。
pj3_1.jpg

私も例のボールにしっかりサインをもらい、その場でお願いしてツーショットを。
withpj3.jpg

お礼を言いがてら「いつ出れそうなの?」と聞くと「もう少し」と答えてくれて(この時はまだよくわからない怪我で欠場中)、ペリジョンとても優しかったです。

私がいたのはサンダーのベンチ裏のセクション117辺り。
らまださんとYukikoさんは通路の反対側でサイン待ちをしていて、ペリジョンは私たち側のファンに一通りサインするとちゃんと反対側へ。

二人にサインをしているところ
pj3_2.jpg
※Yukikoさんは顔を隠す必要ないのですが、諸事情により今回は全て隠させていただいていますw

サインをしている間にYukikoさんに『私のカメラで撮るから!』と合図をして、ペリジョンとの写真を撮ったのですが、この時ペリジョンが『え?カメラどこ?』とキョロキョロしていてYukikoさんが指差す方向を見ると、携帯持って手を降る私の姿を発見し、『あ、あっち側ね』みたいな反応をしていてかわいかったのですよ。

そんな戸惑いの後のペリジョンの笑顔がまたかわいらしい一枚。
pj3_3.jpg


さてさて、この日の席はサンダーベンチに近いゴール裏、セクション120
それも二人はBB席(フロアー席除いて前から2列目)のベンチ寄り通路側。
私たちもがんばってそれほど離れていないEE席のベンチ寄り通路側を確保し、少し後ろから二人を見守る形に。

人が少ない状態での席からの眺め
seatview1.jpg
ユニクロダウンジャケットがかかってるのが二人の席

二人の後ろ姿を入れつつ、盛り上がってきた時のアリーナはこんな感じ
seatview2.jpg

試合開始前20分弱くらいから選手が登場してウォーミングアップを始めますが、その時はハーデンの元にラスが行ってしばらく話している様子が見られました。
russ_harden.jpg
昔は好きだったなあ、ハーデン。ヒゲ伸びたなあ、ハーデン。

この時はまだお休み中の選手ばかりで、練習している人数が少ないサンダー。
nick1.jpg
ニックを狙ったら前にランスが。。。ランス〜もうやだ〜(悲しい顔)
(いや、でもニックはかっちょよい)

adams1.jpg
このアダムス、かわいらしい(ヒゲがないからか)

perk1.jpg
このパークは勇ましい

morrow1.jpg
OKCに来てくれて感謝感謝の頼りになる男、モロー
まったくいい男だよ!

シュート練習してる選手ってボール追ってるから大体上の方を見て口開けててアホ面に写るんですが、この日いい感じに撮れた選手のみお届けしました。

そんなウォーミングアップ中にらまださんとYukikoさんも一枚。
rama_yuki.jpg

そう、前回は浴衣で目立った我々ですが、今回はらまださんがオレンジのウィッグなど被りましてね、かなり目立ってました。そしてBlue7で買った例のラッセルTシャツをお揃いで着ていて、これまた目立っておりました。

ちなみにその後ろに立ってるおばちゃんが、写真撮ろうとするとフラッシュが…とか色々注意してくる噂のおばちゃんです。前の方に座るとチェックいっぱい入るみたい。きっとこの話はらまださんがブログでしてくれるでしょう(最近ラッセルツアーの記事が続々アップされていて、私のと一緒に読むとまた違った視点で面白いのでよかったら是非)。

そして、この後間もなく試合開始となるわけです。
恒例のお祈りの言葉、国歌斉唱、両チームのスターター紹介と続くのですが、映像を貼れないので、この日何枚か撮ってる写真で雰囲気だけでもお届けします!

最初は音楽とともにスクリーンに映像が流れます。
intro_screen1.jpg

intro_screen2.jpg

intro_screen3.jpg

intro_screen4.jpg

そしてランブルが大きなサンダーフラッグ持って走って登場!
intro_rumble.jpg

スターターの紹介!
intro_starter1.jpg

ここにスーツ姿のラスがいるって珍しい…
intro_srater2.jpg

ランブルが雷雷の音をドラムで再現!
intro_rumble2.jpg
その音に合わせて観客が拍手をして盛り上がります!

二人も盛り上がってます!
intro_rumble3.jpg

アリーナ全体も盛り上がってます!
seatview3.jpg

円陣組んで気合い入れてます!(人数少ないけど)
intro_together.jpg

そして、ティップオフ!
tipoff.jpg
なんだかんだ、ジャンプボールで負けないアダムス船木。


試合結果はこんなんでした…
gameresult.jpg

こんなロースコアだったっけ?というくらい記憶がないけれど、勝ちそうで勝てない、最後の決め手がない頃のサンダーだったなあとすこ〜しだけ思い出しました。すごい頑張ってるのに最後負けちゃう、みたいなのが続いてた頃。

そしてベンチにはスーツ姿の応援団(もしくはアシスタントコーチ陣)。
bench1.jpg

bench2.jpg
今思うとほんとにいっぱいスーツで座ってる。

お約束のこのツーショット(今回も後ろ姿だけど)
kd_russ.jpg

楽しそうなラスとペリジョンのツーショット
russ_pj3.jpg

あ、この時試合を見てて思ったのは、イシュがKDと話してることが多いということ。タイムアウトになるとKDと話し、何かと言うとKDの側にいて、何かアドバイスをもらっていたんですね。
kd_ish1.jpg

ラス狙いで撮った写真の片隅にもその姿が。
kd_ish2.jpg
イシュがKDを尊敬の眼差しで見てます…


そんなわけで、今回もベンチからほど近い席で、お揃いのラッセルTシャツを着てラスにアピールした二人。

ラスにちゃんと気づいてもらえたのかどうかというと、その答えはYES!です。

二人に気づいて笑っている姿を私もちゃんと見ました!
そしてなんと、少し後ろの私にもちゃんと気づいてくれました!

いやあ、サングラス買いに行っただけのことはありましたよ。
嬉しかったです!

加えて言うと、実はこの日、私は後半始まる前に出てくる選手ほぼ全員(ラム、イシュ、ランス、ニック以外)と、そしてスコッティHCとハイタッチすることもできたのですが、その話を始めると長くなるのでまた別途書きます。とにかく私にとって前回に引き続き2回目となる1階の前の席だったので、様子がわからず流れに乗るだけだったのですが、でもとにかくラッキーなことが起こるものだなとつくづく思いました。

試合終了後、観客が一通りはけるまで残って、アリーナの余韻を楽しむ二人。

その後、日本へのお土産にと、使われていないThunderStix(ゴール裏でパンパン叩く黄色いヤツ)を拾い集めていました。

外は相変わらず零下で相当寒かったので、一緒に車でホテルまで行き、せっかくなのでと少し部屋でまったり。

Yukikoさんが紅茶を淹れてくれたりポップコーンを作ってくれたりして、でも誰もが旅の終わりが近づいているのを感じていました。

本当は翌朝空港まで送りたかったのだけれど、この日の雪が夜中には凍ってしまうので、安全と時間を考慮してタクシーを使ってもらうことにしていた私とダンナ。

つまり、ここでお別れなわけです。

とっても濃い4日間だったので、二人がいなくなるのは本当にさみしかった。
サンダーナイトで知り合って、日本で会っていたから、その懐かしさもあって余計に。

「楽しかったね。またおいでね。」

「ありがとう。また来るね。」

そう言い合ってハグして、そして、ラッセルツアーは終わったのでした。


それにしても、本当に本当に濃い4日間でした。

超のつくほどの大のラッセルファンのらまださんとYukikoさんのペースにすっかり巻き込まれ(いい意味で)、ラスの魅力が相当わかったし、その上本人とも会えちゃったし、ボストンでの奇跡から始まった二人の引き寄せの波に乗れて、本当に楽しかったです。

実はこの流れはその後も続いて、興味深いことがまた起こるのですが、それはいずれ。


長い長いラッセルツアーの記事を読んでいただき、ありがとうございました。
最後に改めてもう一度、らまださんとYukikoさん、ありがとう!

この記事へのコメント
更新お疲れ様です。
とても4日間だけだったと思えないラッセル追っかけツアーの連載が終わって寂しいです。
この調子でダラスツアーのお話なんてどうでしょう?まあ、あまりいい思い出ではなかったかもしれませんが、ブログに書くことでお祓いするという意味で(どういう意味合いか分かりませんが)。

なんか3月のラプターズ戦が楽しみになってきましたが、まだ2ヶ月先ですね。その頃に両チームがどうなっているか、想像がつきませんがそれもまた楽しみですね。
Posted by たつろう at 2015年01月12日 05:32
>たつろうさん、

毎度コメントありがとうございますw

本当に濃い4日間でした。ブログ書いていて実感しましたよ、書きたいことだらけでw 確かに追っかけツアーになってますねー。こんなに追っかけたことないんで楽しかったです。

この調子でダラスの話も書きたいのですが、その日に行く前にまだ書きたいことがたくさんあってですね、多分その話はしばらく先になりそうです。メモってあるんでブログにはちゃんと書きますよ!ご心配なく!

3月のラプターズも面白そうですね〜。私は毎日のように試合の日程とチケマスを見ながら、どの試合にお金をかけるべきかを考えてます。2ヶ月先ですが、両チームともいい感じになってるといいですね。問題はサンダーな気がしますけど(苦笑)、がんばります!

Posted by YOKO at 2015年01月12日 08:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック