2014年12月14日

Russell Tour Part5 〜 ラッセルとの再会! 〜


サンダーは明日も勝って、6連勝を目指します!

ってことでブログも連続更新ですよ〜!


引き続き、らまださんとYukikoさんのラッセルツアーのお話。

試合もなかった土曜日、観光やショッピングで一日をのんびり過ごすのかと思いきや、朝から午後にかけてルート66観光で西はクリントン、北はアルカディアへと大移動した私たち。

再び急いでオクラホマシティへと戻ることに。

なかなかタイトなスケジュールの中、それでも4時までに行きたかったイベント。

その話は11月12日、らまださんのツイートから始まりました。

そう、らまださんが、ラッセルのFacebookの情報を流したそのツイートから…。

その情報がこれ↓



オクラホマで初めて、Dick Story Opticalというメガネ屋さんでラッセルブランドであるWestbrook Framesのサングラスの販売がスタート。事前にサングラスを購入した先着250名にはサイン入りのケースが配られ、そのうち先着100名は、15日の土曜日午後4時からラッセル本人と会えるという告知です。

そしてそのツイートにオクラホマ在住の友達Mさんが、「場所はペンスクエアモールの目の前ですよ。YOKOさん場所知ってると思う」的なツイートを返します。

らまださんは既に、ボストンでの『バーニーズでばったり』を経験していたので「もう会えたしどうしようかな」と思っているという返事。

それを見た私は「近いし、行くでしょう!」とノリノリで返事。

そこから一応予定のひとつに含まれてはいたのですが、サングラスを買わないと会えないということ、既に二人はサングラスを買っているし、ボストンでラッセルにも会ってるし、まさにそのケースにサインをもらってツーショット写真という、同じことを経験済みなので、どうしようかと悩む気持ちもわからなくはない。

だから二人がOKC入りした後も話題にはしたものの、行くかどうかはっきりと決めてはいなかったのです。

ルート66ミュージアムに行ってる時点でも、その後さらに北にドライブすると決まった時も、私の中ではそのイベントには行かないんだなという認識でした。

いや、だって、2時過ぎの時点でそのイベントの場所から車で5分の我が家にいたので、行くなら近所で過ごせばいいかなと私は勝手に思っていて。そこからさらに北に観光に行くことになったから、4時に戻るのはキツイし、行かないんだなあと推測したのですね。

でもその辺のオクラホマの地理的距離感というのも、私にはあっても彼女たちにはない感覚なので、今思えば仕方のないこと。

結論から言えば、イベントが近づきその話をすればするほど、「やっぱり行きたい!」ということになり、観光をさささっと済ませて急いでオクラホマシティに戻ってきたわけです。

「ラッセルのイベントだからたくさん人が並ぶかもね」
「でも高いサングラスを買わなきゃいけないイベントだからたくさんは来ないかもよ」
「先着250人にサインとか先着100人が会えるとか言って、誰もいなかったらどうする?」


最後にはそんな心配までしながら、とにかく様子を見に行こうということになりました。まぁ、よく考えたら大きなお世話なんですけど(笑)。

お店の近くまで来ると、その前に列ができているのが見えました。「人が並んでる!」と、それだけでちょっと喜ぶ私たち。やっぱりラッセルに失礼ですよね。

とはいっても、もうすでに4時近いのに、並んでいるのは30人程度だったでしょうか。

とりあえず車を駐車場に停めようとしていたその時、前方を、見覚えのあるコロッとした男の人が歩いているのを発見!おそらくコアなラッセルファンしか知らないだろうと思われるラッセルの弟、レイ(Ray)が歩いていたのです。

「レイも来てるんだねえ。」と言いながら、駐車場に車を停め、列の後方に向かって歩いて行くのですが、ここで私の頭の中ではあることがぐーるぐると巡り始めます。

彼女たちはこの後どうするつもりなのだろう…?

様子を見るだけだからとりあえずその場にいるのか、
それとも、ここまできたらやっぱりラッセルに会いたいのか。

ここで言う ”ラッセルに会いたい” は、”サングラス買います” とイコールだってことを皆さん、覚えていますね?

ラッセルのサングラスは高いと聞かされていた私、正直ちょっとビビり始めますふらふら
一歩一歩列に近づきながら、実はドキドキしていました。

そんな気持ちを表に出さず、三人でいったん最後尾についてみました。しばらくすると、「まだサングラスを買ってない人は先に中で買ってください!」という説明がありました。よく見ると、並んでいる人はすでに白いチケットのようなものを持っています。

そこで私たちは自然と店内へ入っていくことに…。

自然と店内へ…って、

あれ?店内って??

そう、店内に一歩入った時点で、『ああ、私はサングラスを買うんだな』と60%くらい思いましたね

メガネ屋さんの店内はそれほど広くなく、窓際にショーウィンドウ、奥の両側に4箇所の半個室のような部屋があり、真ん中のテーブルにWestbrook Framesのサンプルが並んでいました。

そしてそのテーブルの周りでは、何人かがサングラスを試着し、店員さんが購入を促しています。自然な流れでその中に入っていく私たち。ええ、あくまでも自然な流れで、、、

サングラスを買うつもりなどまったくなかった私も、なぜかフレームを手に取り、試着を始めてしまいます。

この時点でも、私たち三人は一度たりとして、『サングラスを買ってラッセルにもう一度会う』ことについて具体的な相談もしていないし、決断も下していないのですよ!

でも店内に入った段階で60%、全員が試着を始めた段階で90%、もう流れに逆らうことなどできるわけがないのです!

それも私たちがショップに来たのはラッセルが来るとされていた午後4時直前。店員さんも「もうすぐラッセル来るから急いで決めてねー。」と急かすので、余計雰囲気に飲まれて、ここで私100%購入決定となりました。

でもどこか一応冷静な私は、店員さんに「今買っても私たちはラッセルに会える?」としっかり確認した上で、どうせ買うなら自分に似合う好きなデザインのもの買おうと、短い時間の中で吟味。そして、私が選んだサングラスはそこにあった中で一番お高いものだった、というおまけつきです。

二人は既に持っているので、さくっと比較的お安いサングラスをチョイス。

そんなわけで、見事にラッセル旋風に巻き込まれ、私までラッセルのサングラスを買うことになったのですねえ。ほんと、ラッセルは商売上手!

お金を払って名前を伝えると、サングラスは後でということで、代わりに小さな白い紙が渡され、それを持って外で待つことに。

こんな手作りの紙切れ
whiteticket.jpg

私たちが外に出て間もなくラッセルと会えるイベントが始まり、少しずつ列が進んでいきます。ふとそのドア付近を見ると、二人のおかげですっかり顔を覚えたあのレイがドアマンをしているのが見えました。

line.jpg

ドアマンのレイは、ドアを開けたり閉めたりしながら、「白いチケット持ってる?」とみんなに確認しています。

doormanrei1.jpgdoormanrei2.jpg
出たり入ったり出たり入ったり、忙しいレイ

お客様をさばくのが店員ではなく、ラッセルの弟だったことにばかウケの私たち。
きっと、『いいよ。ドアのところは俺がやるよ。』と自分からドアマンを引き受けたんだろうねえ。」「さすがにニーナにやらせるわけにはいかないもんねえ」などと、レイをネタにひとしきり盛り上がりました。

そうこうしているうちに、あと数人で私たちというくらいになり、レイが「白いチケット持ってる?」と案の定聞くのでチケットを見せると、「名字は?」と聞かれました。私が結婚後の名字を言うと普通にうなずき、次にらまださんを見たので、らまださんが名字を言ったところ、ちょっと不安げに「?」な顔をして、「OK!」と店内へ。

「多分、日本語の名字が聞き取れないし発音できないからごまかしたよね。」とまたも盛り上がる私たち。

するとしばらくして再び出てきたレイが、もう一度名字の確認にトライ!

私が名字を言うと(英語名なので)普通にそれを繰り返しますが、次にらまださんが名字を言うと、ちょっと戸惑いながらも、今回はそれを真似して英語っぽくして繰り返しました!自信なさげだったけど十分な発音です!(らまださんの名字知らないと面白くないんだけど、とにかくいい感じに英語っぽい日本人の名前になったんです!)

そして、さあ次はYukikoさんの番!と思ったら、Yukikoさんの方は見向きもしないで店内に引っ込んでしまったレイ。Yukikoさん、きっと名字を英語っぽく言ってあげようかなあとか考えてただろうに完全な拍子抜けです。(でも一番難しい発音だっただろうから諦めて正解だったかも)

この一連の名字確認がまた妙に面白くて、ラッセルに会うまでの時間、すっかりレイに楽しませてもらい、緊張のきの字もないくらい笑ってました。

でもついに自分たちの順番が来て、ドアの中に入ると一気に緊張が!!!

だってすぐそこにラッセルが立ってるのですから!

russinstore.jpg
この距離です!
近いし、顔ちっちゃいし、スタイルいいし、かわいいし、うわーーー!です!

私たちが店内に入った時は、前に並んでいた親子が写真を撮ってもらっているところで、私たちはとりあえずドアの前に立っていて。

緊張しつつもラッセルをずーっと見ていたら目が合ったので、とりあえず小さく手を振ってみたら笑顔を返してくれて、うぉー、本物だあ!とテンションがさらにテンションが上がりまくります!!

とりあえず私たちの番が来たのですが、何をどうすればいいのか流れもよくわからないので、私もその場になんとなく立ち尽くしていたのです。

でも心のどこかでは、もう既にラッセルと顔見知りで話もしたことがあるYukikoさんが先頭切って、”Nice to see you again!” とか言いながらハグしに行くくらいの勢いで行くんだろうと思ってたんですよね。そしたらなんと、Yukikoさん、無言で私を後ろから押したんですよ、『先、行って!』って感じで。これにはちょっとビックリ!(笑)

押された私が先頭になり、ラッセルのもとへソロソロと近づいていきます。

ラッセルは私が買ったサングラスの入ったケースを手に持っていて、それを手渡ししてくれるんですね。それを受け取って「ありがとう」と言った、、、かどうかも覚えてないほど緊張してたけど、きっと言ったと思いたい!言ってなきゃ失礼過ぎる!

そして次はツーショット写真撮影となり、ワタワタしながら持っていたバッグを脇の椅子の上に置き、携帯を目の前に立ってる写真係の男の子に渡し、ラッセルの隣へ再び。

withruss.jpg

がっちり肩に手を置いてくれての写真撮影ですよ!
私も多分、無意識に手を腰に回したりしたと思うんで、普通に密着です!
そして笑顔もかわいいっ!

ちなみに私の携帯カバーもサンダーなので、ボストンの奇跡に引き続き、ちゃんといい印象を与えたはず。ってか、ここはサンダーのホームだから、皆サンダーファンだった…。(すみません、書いてる本人も思い出しながらちょっと興奮気味)

写真を撮り終えて、今度は確実に「ありがとう」と言って無意識に握手をしようと右手を差し出したら、ラッセルも普通に右手で握手をしてくれたのですね。でも、その手には黒いサポーターをつけていて、それを見てやっと怪我してたことを思い出し、咄嗟に「ごめんなさい!」と謝ったら「平気だよ」と言ってくれた、優しいラッセル。

これで、ラッセルとの交流はひとまず終了なわけです。

が、私にはもうひとつミッションがありました。

それは、ラッセルブランドの男性用下着(通称おパンツ)とラッセルが絡んでるプロテインがOKCで買えるかを確認すること!

これ、ずーっとらまださんとYukikoさんがこっちで探していても見つからず、「ラッセルに会ったら聞いてみよう!」と言っていたこと。もちろん、「聞いてみよう!」っていうのは、「YOKOさん、聞いてね。」っていうことだったんですけど。

そこで、ラッセルのもとを離れる時に、「質問があるんですけど」って言いながら、Yukikoさんと順番を交代したんです。それを聞いたラッセルに、最初はちょっと怪訝な顔をされつつも、勇気を出して質問を続けましたよ、二人のために!

「ラッセルのあのおパンツとプロテインはOKCのどこかで買えるの?」と。

すると、質問の内容が自分の商品関連だったことに機嫌を良くしたと思われるラッセル、

「いや、オクラホマでは買えないんだよねー。買えるといいんだけどっ!」

と嬉しそうに答えてくれました。

「買えないのかあ!彼女たちがどうしても買いたいって言ってるから探してるんだけど、そうか、それは残念。」みたいな返事を私がしたような気がします。(ええ、もう色々と緊張してて詳細は覚えてないんです!)

OKCで買えないという答は嬉しくないけど、とりあえずはミッションコンプリート!あとで二人にも褒めてもらえたので私としては十分満足!

どのタイミングだったかとかまでは覚えてないのですが、二人がラッセルに絡んでいる時に、「彼女たちのこと、覚えてる?」って聞いたら、ラッセルは「もちろん!」って答えてましたよ。

そして「またね(See you soon.)」って言われたので、「明日の試合もまた行くから、明日ね!」って答えると、明日も来るの?とビックリしつつも嬉しそうに、「そうなんだ。じゃあ明日ね!」と言ってくれました。

一通り終わって最後に撮ってみたと思われる写真(記憶なし)
russinstorenina.jpg
後ろにちゃんとニーナが写ってる!

それにしてもほんとに顔がちっちゃくてかっこいいわあ、と写真見るたびに思います。

とにかくこれで、Yukikoさんとらまださんが覚えられてるのは確認できたし、この日も会ってこれは相当なインパクトを与えているに違いありません!

水曜日の午後にボストンのバーニーズで、その夜にアリーナで会い、そして金曜日にはOKCのアリーナで、その翌日(土曜日)にオフのイベントで会って、さらにその翌日(日曜日)にもアリーナに行くって言われたら、インパクトあり過ぎでしょう!!

おそらくこの一連の流れを受けてラッセルは、「俺には熱烈な日本人ファンがいるんだぜ!」ときっと周りに話していると思います。

こうしてブログを書きながら色々と思い返してみると、私の緊張もすごかったようで、Yukikoさんがちゃんとサングラスのケースを持ってツーショットを撮ってるのとかを見て、ああ、それやればよかった!と思ったり、ああ言えばよかった!と思ったり。

でもYukikoさんに聞いたら、彼女も緊張がすごかったみたいで、ボストンの時はらまださんのためにがんばろうって気合が入ってたけど、今回は私がいるからがんばらなくていいって思ったら緊張して、私を無言で後ろから押すという行動になってしまったということのよう。人間の気合ってすごい。

そしてもちろん、らまださんも今回も普通に見えてすごい緊張してるのがわかりました。だって写真撮ってもらうのに、男の子に携帯をなかなか渡さなかったりしてて、「あ、そうか、携帯か」とかつぶやいてたりしましたからね。

これから会うとわかっていてもこれだけ緊張するわけだから、いきなりばったり会えちゃったら、ほんとにどうしていいかわかんなくなるだろうなあと、改めてボストンでの奇跡のすごさを感じました。

こうしてラッセルとの再会(私にとっては初ですが)を終えた後、緊張の解けた私たちがしたこと。

それはラッセルの弟、レイと写真を撮ることです。

まだドアの所にいた彼に、「一緒に写真を撮りたい」と言うと快諾してくれ、3人別々にツーショット写真を撮りました。

その写真がこれ。

reyrama.jpg
reyyoko.jpg
reyyuki.jpg

背の高さの違いもさることながら、寄り添い方の違いにもお気づきいただけるでしょうか?

一番寄り添ってるのが、ラッセルにはそんなことはできないけどレイなら平気!な、らまださん。一番離れてるのが、ラッセルじゃなきゃ寄り添わないもん!のYukikoさん。

この写真については、多分その場にいた私たち3人にしかわからない部分も多いかなあとも思うんですけどね、レイの話だけでずーっと笑っていられたので、私たちの思い出のためにも載せておくことにしました。

まあ、サングラス購入は想定外で最初はドキドキだったけど、なかなかオシャレなお買い物だったし、ラッセルに会える経験はそうそうできるものでもないし、ラッセルファンパワーに巻き込まれて良かった!と思います。今回も二人に感謝!

そんな二人には、なんだかんだ言ってもあそこでサングラスを買っちゃうあたりが、実は私も十分ラッセルファンなんじゃないかと言われますが、前より確実に相当なラッセルファンになりつつあるのは否めません。

ラッセルファンの巻き込みパワー、おそるべし。

そんなわけで、朝から盛りだくさんだった土曜日は、夕方のラッセルとレイの兄弟との交流によってピークを迎えたのでした!!

あ、そういえば、この日は本当に盛りだくさんで、この後再び買い物に行って、らまださんがラッセルのデカ顔パネルを買ったり、ラッセルが出るというTV番組を見ようとしたり、さらに夜にはKD’sに食事に行ったりしてるんですね。

私にとっては初めてのKD’sだったので、ブログで紹介できればと思ってましたが、うーーーーん、いつかまた余裕のある時にします!

ラッセルツアー、最終日のヒューストン戦のお話はまた次〜!



最後に肝心のサングラスとサイン入りケースのお写真を載せときましょ。
sunglasses.jpg
実はこの日に買ったサングラスはあまりに普通っぽくてつまらなかったので、後日もう少しラッセルっぽいというかデザイン性のあるものに交換したのです…交換してこれ?と言われそうですが普段使いにしたいのでこれがいいかなあと…


posted by YOKO at 02:31 | Comment(8) | TrackBack(0) | OKCに行く! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
こんにちは。
こんばんは。

2連続の更新お疲れ様でした。
ましてや、他に書きたいこともあるだろうのに、こちらを優先していただいて、有難うございますm(_ _)m
私は未だにボストンからも旅立っていないというのに、本当に有難いです。
助かります。
しかも、この辺のネタ!
私が思いっきりスルー出来そうな感じでありますわ(笑)

それは兎も角、Yokoさん、結構色々とラッセルと話してたんですね。
例のおパンツとプロテインの話は側で聞いていましたけれども、まさか我々のことを覚えているのか、云々なんてこと……。
いやあ、恥ずかしい上に、Yokoさんってやっぱり凄いなあ、と感心しきりです、本当に。
最近見たTweetの影響もその辺大ですけれども。

にしても、読んでまざまざとあの日のことが蘇ってきますねぇ。
Rayネタ本当に盛り上がったし、楽しかったなあ。
また、本当に行きたい(>_<)
Posted by らまだ at 2014年12月14日 21:17
Yokoさん、
引き続き、ラッセルツアーを優先の更新ありがとうございますm(__)m
早いもので、あれからもう1カ月になるんですね〜
復帰後の大活躍なラスの姿を見てると、本当にこの人に私は会ってきたのか?
と、未だに夢だったような気分になるので、こうして書き残しておいて貰って
改めて感謝の気持ちでいっぱいです!
そして、メガネ屋さんでは、無言でYokoさんを突き出してしまってゴメンなさい。
見た目には気付かなかったとは思いますが、あの時の私、外の寒さのせいもあってか
実は身体がぶるぶる小刻みに震えてたんですよ^^;
なので、少し落ち着くまで、ラッセルに近づけない・・と咄嗟にYokoさんの背中を
押してしまったのです(汗)
で、Yokoさんがラッセルに色々と質問してくれたりして、少し場が和んだので
私の緊張も緩み、笑顔で写真を撮ることが出来ました(*^_^*)
重ね重ね、ありがとうございました<m(__)m>
Posted by Yukiko at 2014年12月14日 23:59
本日はありがとうございました!
色々とお話しできてうれしかったです。

ラッセルツアーブログ、ずーっと拝見させていただいているのですが、ホント凄いですよね!ミラクル続き!!
読んでいてこちらまで嬉しい気持ちになってしまいました。^^

そういえば、試合が始まる前(YOKOさんがいらっしゃるほんのちょっと前)になぜかレイさん登場!
私も思わずツーショットとってもらいましたよ。へへへ。良い人でした。

引き続き、ブログ楽しみにしていまーす。
Posted by s at 2014年12月15日 12:53
素晴らしいですね。コート上の感情むき出しのウエストブルックとのギャップは凄そうです。
Posted by 1nbafan at 2014年12月16日 00:27
>らまださん、

おはようございます!in Japan
こんにちは!in OKC

2連続の効果あってサンダーも6連勝!嬉しいねえ!

他にも書きたいことがあるっていうのは事実だけど、ラッセルツアーの話は優先事項です!!サンダーの緊急事態とかにならない限り!!私が好きで書いてるのでいいのよ。

ラッセルツアーは二人のツアーであるとともに、途中からは私のツアーでもあったし、あの貴重な体験を記録に残したかったしね。ラッセルとのエピソードはともかく、レイのエピソードとかいつか忘れちゃいそうだし(笑)

ラッセルにそこそこ話しかけられたのは、多分おパンツのこと聞いた時の反応が良かったから、私の緊張がちょっと解けたからだと思う。覚えてるかどうかはどうしても本人に確認したかったのよねー。

勇気を出して声をかけてみれば皆優しいってのも大きいと思うよ。私も緊張してて英語おかしくなってることたくさんあるけど、それでも皆話してくれるから。確かに今までは話せると思わなかった人たちと話すチャンスがあって、ここで起きてることに本当に感謝してる日々です。

らまちゃんも次に来た時は、勇気を出してラッセルにI LOVE YOU!を言おう!

あと、そちらのブログも楽しみにしてまーす。


Posted by YOKO at 2014年12月16日 08:30
>Yukikoさん、

いえいえ、引き続き楽しんで書かせていただきました!

そうなんですよねー、もう1ヶ月前なんだなあとブログ書いてて思います。私もラッセルが復帰した試合を観に行ったのにも関わらず、TV画面を通してプレイしてる姿をみると、あれ?この人に会ったんだっけ?ってなるので、夢だったかもって気持ち、わかります。でもこれだけの夢をブログで書いてたら相当な妄想癖。危険です(笑)

Yukikoさんは見た目が落ち着いてたので震えてるのには気づかなかった!でも今思うと、私たち3人とも店内に入ってからお互いに言葉を交わしてないような気がしていて、それって全員かなり緊張してたってことかもしれないなと。今となれば楽しい思い出なので背中を押されても全く問題なしです!

そして私の質問タイムで場が和んでたとしたらそれ以上のことはありません!もうとにかく楽しかった!

私もほんとに貴重な経験ができて嬉しかったです。
私からも改めてありがとうございました〜m(_ _)m

Posted by YOKO at 2014年12月16日 15:24
>sさん、

早速のコメントありがとうございます!!

こちらこそ、声をかけていただいて嬉しかったです。もっとゆっくりお話しする機会があれば良かったなあと思いました。アリーナではなかなかそんな時間なくて残念。

ブログ、読んでいただいてありがとうございます。特にラッセルツアーは出だしのミラクルがすごいですよねえ。そのインパクトが強すぎとはいえ、その後もビックリする出来事続きで、一緒にいる私もかなり楽しんでました。なので、嬉しい気持ちになってもらって私も嬉しいです!

それにしても、レイとツーショットを撮ってるなんて!sさん、なかなかやりますねえ。きっと「俺も日本人に人気がある」と思い始めてたりして(笑)兄弟でそんな話をしてるかもしれません。

ブログがんばるのでまた覗きに来てくださいね〜。
またどこかでお会いできるの楽しみにしてます!

 
Posted by YOKO at 2014年12月16日 15:47
>1nbafanさん、

コメントありがとうございます!

本当に素晴らしい経験をしました。思い切って行ってみて良かったと思います。

確かに、今コートで競争心むき出しにしてるラッセルとは全然違って穏やかでしたね。アリーナで笑顔で応えてくれたのも、試合に出てなかったからかなあと思ってます。今のラッセルは、一度コートに出てきたら集中してる感じがすごくて、スーツ着てた時とは全然印象が違いますからね。

Posted by YOKO at 2014年12月16日 15:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック