2014年12月04日

Russell Tour 1〜その背景とボストンの奇跡!〜


さあ、大変長らくお待たせいたしました!
(待ってた人は一部だろうけどね!)

意外に早かったKDの復帰で順番が変わってしまいましたが、ここからしばらくは、とある『Russell Tour (以下ラッセルツアー)』のレポートをお届けする予定ですよ〜!

このラッセルツアーは、超が付くほどの大のラッセルファンの、らまださんWeekly Westbrook管理人)とYukikoさん(ラッセル以外にも追っかけ経験あり!)のお二人によって企画されたもの。

彼女たちがOKC入りした際には、私もそのツアーにどっぷり参加したので、二人の許可を得た上で、今回ツアーの全貌を(特筆すべき点にフォーカスを当てつつ)このブログにて書かせていただく運びとなりました。

らまださんとYukikoさんは、私にとってはサンダーナイトオクラホマシティサンダー応援ブログ管理人のしゅう&あみ主催)で知り合ったサンダーファミリーで、日本では何度も顔を合わせている友達。

そしてどちらも過去にOKCに来たことがあるのですが、二人一緒ではなかったので、次はラッセルファン同士でラッセル尽くしの旅がしたいねと話したのがこの企画の始まりのようです。

旅の企画は盛り上がり、次第に、ファンとしてはラッセルの誕生日をお祝いしたい!という想いが強くなった二人。

ラッセルの誕生日である11月12日がサンダーの試合と重なるか、それがホームの試合となるか、ドキドキワクワクしながら、二人がスケジュール発表を待っていたのを覚えています。

それだけ早い段階から、このラッセルツアーは企画されていました。

サンダーのスケジュール発表後、ラッセルの誕生日に試合はあるものの、それはホームのOKCではなく、ボストンでのセルティックス戦であることが判明します。

すると彼女たちは、誕生日にボストンで試合を観て(当然ラッセルへの誕生日おめでとうメッセージボードを掲げて)、その後OKC入りしてピストンズ戦とロケッツ戦を観るという、西へ東へそして真ん中への、アメリカ横断を決意。

いつかOKCに来ようと企んでる人なら知っているでしょう。
ここには日本からの直行便がないということを。
オクラホマの場合、アメリカ国内ですらハブ空港へ飛ばなくてはいけないケースが多いのです。

二人の場合は、日本からまず西海岸はサンフランシスコへ飛び、その後ボストンへ。
試合を楽しんで、一路OKCへ。と言いたい所ですが、ボストンからOKCへは直行便がないパターンなので、一度ヒューストンへ飛んでからOKC入り。
OKCで2試合観て、ヒューストンへ再び飛んで、その後東京へ、というスケジュール。

一週間の旅の間に何度飛行機に乗ると思います?
こんな旅、相当なラッセルファンじゃないとできませんよ。

ところが、そんな熱いラッセルファンの二人に、ツアーが始まる前に非情にも悲しいニュースが入ります。

なんとラッセルが試合中に手を骨折し、4週間の戦線離脱・・・。

彼女たちが観る予定の3試合が、その4週間にすっぽりと入ってしまったのです。

ラッセルの復帰戦を観た人ならわかると思いますが、彼はコートの上でボール追いかけて飛び回って走り回って、がおーっ!って吠えてるのが一番かっこいいんです。

あのスピードを目の前で観るのがファンとしての一番の喜びなんです。

それが一番の目的なのに、それが叶わないという結果に、私も、そして二人の計画を知るサンダーファミリーも、どう声をかけていいかわからない程でした。

それも、らまださんにいたっては、初めて行った昨年の年末年始のサンダー観戦旅行の時も、ラッセルが直前で再び右ひざの手術をすることになり、彼のプレイを生で観れていないのです。

リベンジとして計画した今回のラッセルツアーが、またもやこんなことになるなんて、、、
らまださんが一番ショックだったとは思うけれど、私もかなり落ち込みました。

と同時に、ラッセルがコートにいなくてもOKC滞在中は楽しんでもらいたい!
前回は私がこっちにいない時に来たので色々ちゃんとサポートしたい!と、
さらに気合いが入ったことは言うまでもありません。

彼女たちがこの計画を立てていた頃、私はこちらに既に移住していましたが、今回は遊びに来たのではなくて結婚+移住だったので、プライベート(結婚式、グリーンカード申請の書類作成、その他諸々手続き、あれこれ)がかなり忙しくて、その中でも心配だったのが、運転免許取得と車購入が間に合うのか!っていうことでした。

オクラホマは車社会ですからね、車なくしてサポートなんてできやしない。

移住してきてからの苦労やらその辺のプライベートな話も、アメリカ社会のおもしろ話としていつか書きたいなーとか思うのですが、読者の皆さん、興味あるのかな?サンダーのネタが溜まってるんでそれを優先しつつ、まあ要望があれば時間をみて。自分の記録的に書いておくっていうのもいいかも。

まあ、そんなわけで私自身色々ありはしたのですが、なんとか免許も車も間に合って、一人で乗り回す時間も事前に十分あったので、そこは準備オッケーでホッとしました。

あ、あともうひとつ、二人のラッセルツアーに備えて私が用意した物。

ラッセルジャージ!
RussJersey.jpg

そうやって私もちょっとずつ準備をしながら二人が来るのを楽しみにしつつ、でもやっぱりせっかく来るのにラッセルのプレイが観れないっていうのはずーっと気になっていて、個人的にも何かできないかと色々動いてみたり。

ところがラッセルツアーが始まってみたら、そんな私の心配をよそに、もう想定外のとんでもないことが起きちゃうんだから、人生っておもしろい!

らまださんがブログに書いてますが、彼女たちが日本を発って、サンフランシスコでのんびりしてるツイートとか、ボストン霧がすごいよツイートとか、アメリカにいる私は時差が関係ないので、まさにタイムリーに見ることができて、ちょこちょことコミュニケーションを取っていたのです。

そしたら、何かすっごいことが起きたらしい、らまださんの慌てたツイートがあり、その瞬間はそのツイートを見逃してたけど、良く見たらその直前にはこんなツイートがあったんです。

「目の前にラッセルが」



え?え?え?

ですよ。

何?ラッセル?目の前にラッセル!?

すかさず色々チェックしてわかったことは・・・

二人はセルティックス戦を控えた水曜日の午後、ラッセルがBarneys New Yorkとコラボ展開してるブランドをチェックするために、ボストンのバーニーズに買物に行ったのです。

そしてそこで、ラッセルとばったり遭遇したのです!!

そんなことってあり得ます?
普通なかなか起きませんよね?

Yukikoさんによると、ちゃんと会話もし(Yukikoさんがんばった!)、二人ともサインをもらい、ツーショット写真も撮ってもらったというから、さらに驚き!

事実確認後、私は嬉しくて嬉しくて誰かとシェアしたくてダンナに報告。
あまりに興奮して話したため変な英語になった気がするけれど、彼は日本語がわかるからちゃんと伝わり(笑)、これまでの事情を知ってる彼も大喜びでした。

そして私は次に、ツイートで嬉しさを報告。

日本の皆は寝てる時間だったので、誰に対する報告じゃいっ!って感じですけど、いやね、もう一度改めて書くけれど、本当に本当に嬉しかったんです、この時。

ラッセル本人に会ったら死んじゃうとか倒れちゃうとか固まっちゃうとか言ってたらまださんが、とりあえず死にも倒れもしないで、ラッセルと写真を撮れたっていうことが!

ラッセルを見れた、っていうレベルじゃなくて、ラッセルと会えた、っていうね。

もちろんジャージ来てバスケしてる姿じゃないけれど、サインに写真、会話付き。
そんなことはそうそうあることじゃない。
写真見せてもらったら、ちゃんと固まってるのは宣言通りだったけど。

不運が続いてショックを受けてたらまださんのことを思うと、本当に本当にただただ嬉しくて、泣けてきたくらい。

その後、徐々に日本の仲間が起き始め、何かが起きたことに気づき、そこからニュースは日本中(のNBAクラスタ)に広がっていきました。

その時は私も詳細な話までは聞けなかったのですが、後にOKC入りした時に彼女たちから聞いた、具体的な出来事はこんな感じです。


バーニーズのラッセルブランドコーナーで買物をしていた二人。

メンズだしどれも高いねえとか言いながら物色中、
そこに現れたのがなんとラッセルその人本人!

Yukikoさん、驚きながらも声をかけようとすると、
『今電話中だから(後で)』的なジェスチャーをされます。

電話が終わった時、ちょうど二人はセール品のコーナーに。
ラッセルは反対側にいたのですが、あまりのことに動けない二人。
すると、優しいラッセル、様子を察して自ら近寄ってきてくれます!

そこでYukikoさん、勇気を持って話しかけます。
「ハイ、ラッセル!誕生日おめでとう!手はどう?」
「ありがとう。手の調子はいいよ。」と、ラッセル。

続けて、「何か買ってくれた?」と聞いてきたラッセル。
「まだこれから。」とYukikoさんが答えると、
ラッセルは「じゃあサングラスはどう?」と勧めてきます。

しかし、そこは超が付く程のラッセルファンの二人。
サングラスは日本で既に購入済みです。

「もう持ってる」と伝えてサインと写真をお願いしてみると、なんと快諾。
そこで、サングラスのケースにそれぞれサインをもらい、
さらにツーショット写真を撮ってもらいました。

写真は、ラッセルのお付きの人が二人の携帯で撮ってくれましたが、
携帯を構えたその時に、ラッセルの顔がほころびます。

それはらまださんが0番のラッセルの携帯カバーをつけていたから。
Yukikoさんもサンダーカバーだし、嬉しいはず。

そしてお礼とその日の夜試合を観に行くことを伝え、
“See you later!” と言い合ってお別れをしました。。。



どうですか、この話!
ほんとにすごい引き寄せだと思いませんか?

二人のツーショット写真、もちろん見せてもらいましたが、しっかり肩に手がまわっていて、にっこり笑顔のラッセルでございましたよ。

あまりの突然の信じられない出来事に、Yukikoさんはしばらく手の震えが止まらず、らまださんはその時は普通っぽくしてたものの後からパニック状態になってツイートがおかしくなるという、そんな状況だったそうです。

Yukikoさんは旅慣れていて英語も話すので、声をかけるのも得意だろうと私も思っていたのですが、実はこの時、らまださんのためにもこのチャンスを逃すまいとかなり頑張って話しかけていたようで、後々OKCでは彼女の違う一面を見ることになる、、、って話はまた追って。

ちなみにその夜のセルティックス戦では、見事な逆転勝利を飾ったサンダーでしたが、私はTVに映るはずの二人の姿を探すのに必死でした。

二人はばっちり映っていたし(つまりそれだけ前の方に座っていたし)、ラッセルも二人に気づいてしっかり笑いかけてくれたらしいです。それもバースデイメッセージを見せた時にはとても嬉しそうに手を振ってくれたりしたとか。

これは確実に覚えてもらってると思いませんか?

バーニーズの自分のコーナーにいて、誕生日を知ってて、自分のブランドのサングラスを既に買って持っていて、携帯で写真撮ろうとしたら一人はサンダー、もう一人は自分の携帯カバー付けてるのが見えて、夜の試合では近くに座って、自分のジャージ着て応援してて、誕生日のメッセージボード持ってて、試合より自分のこと見てる日本人がいたら、、、

そりゃ、覚えちゃいますよね。

彼女たちはサンダーのベンチ側、通路近くに座っていたので、選手の出入りの時にはハイタッチの機会もたくさんあって、ラッセル以外の選手との接触も十分で幸せいっぱいだったみたいです。

とはいっても、『バーニーズでばったり』に敵うものはないでしょうけれど。

こうして、ボストンにおける、二人の衝撃的かつ濃密なラッセルとの時間は終わりました。

この話を聞いた時には、もう十分過ぎるほどの経験をしてるし、これ以上何も起きることはないだろうと思ってしました。

でも、ラッセルツアーはこれで終わりはしなかったのです。

OKCに入ってから何が起きたのか・・・

続きは次回!

posted by YOKO at 00:07 | Comment(8) | TrackBack(0) | OKCに行く! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごいですねぇ本当にすごい体験をしましたよね、お二人。
ラスが右手を骨折、というニュースを聞いた時は、「また!?」と思うと同時にらまださんのことを心配しました。
去年に続き、今回まで…その前に冗談で「私が行ったら怪我をするので行かないほうがいいんじゃないか」と言っていたのを大否定したのが、本当になってしまってどうしたらいいんだろうと。
でも、運命の女神はらまださんを、お二人を身捨てませんでした!本当によかった…
私がそのツイートを見たのは早朝で、たぶん日本で2番目くらいに気付いたのではないかと思うけど、本当にびっくりして
日本で早朝から祝杯あげたいくらいでしたよ!!!
ああ、本当によかったです。
うん。
Posted by aderin at 2014年12月04日 17:12
>aderinさん、

ほんとにほんとにすごいですよねぇ。
誕生日にボストンまで追っかけて大正解です。

そしてどれだけらまださんのことを想って皆が心を痛めたか、、、
aderinさんとらまださんのその会話、私も覚えてただけに辛かった。

それでもこんなことが起こるんだから、神様はちゃんと見ててくれるんですよね。

ラスが怪我をしてなかったらバーニーズに来なかったかもしれないし、ほんとに巡り合わせだなと思います。

あの日の盛り上がりは、ボストンにいた二人も当然ながら、私たちも負けないくらいすごかったですよね!祝杯あげたくなる気持ち、よくわかります!

本当に心から良かったと思いました。


Posted by YOKO at 2014年12月05日 06:27
朝からあまりにびっくりして
弁当用のカツが真っ黒に焦げてしまったのまで覚えてます。
らまださんのブログも読みましたが、その前にホテルにあたりをつけてうろちょろしていたとは…Yukikoさんすごすぎ!!!
私も行きたかったけど、11月は忙しすぎてちょっと無理でした。
ざんねーん。
3月のホーム三連戦、ご一緒したいけど無理だよなぁ。年度末だもんなぁ…
Posted by aderin at 2014年12月05日 14:50
Yokoさん、
計画段階の背景からボストンの奇跡まで、ドラマティックに書いていただいて、
ありがとうございました<m(__)m>
私もラスが怪我した瞬間、ラス本人の心配よりも、らまださんの方が心配で、
しばらく、旅行自体をキャンセルにするべきかと悩みましたが、行って本当に良かったです!
色々追っかけ経験のある私も、今回が一番ビビったかも・・・
もっと色んなこと話せたのにな〜とも思いますが、これが精一杯でした(^^ゞ
OKCでは、すっかりYokoさんにお任せで、すみませんでした。後編も楽しみにしてます!

aderinさん、
本当に一緒に行けたら良かったですね〜でも、もうすぐラッセルのハッスルプレイが観られますよ!
ラッセルにいっぱいアピールして、ラスが僕って日本で大人気?って、来年のオフは
日本にグラサン売り込みに行くか〜って思ってもらえるよう応援よろしくお願いします!
Posted by Yukiko at 2014年12月06日 12:38
今更ながらのコメントです。
素敵な記事を又もや有難うございましたm(_ _)mお陰で、私の方であまり流れを書かずにすみました。というか、感情のままにしか書けませんでした。

にしても、みなさん、私のこと気遣っていただいて、有難うございました。また、怪我してしまったときは、ホント、どうしたらいいのか判りませんでした。でも、キャンセルしようとは思わなかったのは、Yokoさんに会いに行く目的もあったから。

とはいえ、やっぱり1番見たかったのは彼のプレーなので、あれですけど、こんなことがあって、本当に行ってよかったなあ、とつくづく思います。

でも、また、いつかプレーを生で見に行くもんね!

と自分のブログ書いててわけがわからなくなって変なコメントになってしまってすみませんm(_ _)m
書いている間に、自分で興奮してしまいました……
Posted by らまだ at 2014年12月06日 23:24
>aderinさん、

カツ真っ黒こげ!覚えてます!(笑)aderinさんの驚き具合も楽しかった!

aderinさんも行けたら良かったですね〜。とりあえずは12月、楽しみましょう!

Posted by YOKO at 2014年12月07日 04:53
>Yukikoさん、

喜んでもらえて嬉しいです。そして書かせていただいてありがとうございます!書いてて楽しかったですよ。らまださんのブログと一緒に読むとまたおもしろいなあと思ったりw

一緒に行くYukikoさんも心配になりましたか。当然ですよねえ。でも行った甲斐があったし、Yukikoさん、ほんとに頑張ったなあと思います。経験豊富なのにビビったって相当ですもんね。

OKCでは私も想像以上にテンション上がって今ひとつ頼りにならなかった気もしますが、それもすべて楽しい思い出ですね〜。その辺も含めてブログ更新がんばりまーす!

Posted by YOKO at 2014年12月07日 05:05
>らまださん、

いえいえ、コメントはいつでも嬉しいものです。ありがとう。

そして記事を喜んでもらって嬉しいです!
らまださんのブログも読んだけど、感情のままのがまた良かったですよ〜。すごくいろんな想いが伝わってくる素敵な記事でした。今後もその調子で感情のまま行きましょう!


私も会えて嬉しかったですよー。キャンセルせずに来てもらえて良かったです!ありがとう!

次はラッセルのプレイを観に!次こそ大丈夫!

Posted by YOKO at 2014年12月07日 05:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック