2014年12月03日

12/2 KD復帰!サンダー負けちゃったけど… vs NOP

どんより曇ったOKCからこんにちは。
YOKOです。

KD復帰のニュースに盛り上がり、これで連勝だねーなんて思ってたのですが。

正直言ってKD復帰のニュースを聞くまでは、私ペリカンに勝つのは難しいと思ってました。
だってまゆげが調子いいって聞いてたし、なんとなくここはそう簡単じゃなさそうだと。

ペリカンには負けちゃってもその後に連勝!っていうくらいの気持ちでいました。

でもKDが戻るとなっちゃあ、話は別。
これは勝てるかも!と期待したのは言うまでもありません。

KD復帰戦を勝利で飾る!

ついこの間のラス復帰戦を勝利で飾ったように!!!

でもそんなうまくはいかないわけであります。

試合結果
Thunder 104 - 112 Pelicans

確かにKDは本調子とは言えない印象で、「ラスのみたいにはいかない」と事前に言い訳をしていただけあって、足元がおぼつかなかったり、ドリブルいつもより高くない?っていう時があったり、見ていてヒヤヒヤする場面も多々。

でも気づけば27点取っていて、ポンポンと3ポイントを決めるあたりはさすがKD!と何度も叫びました。

そしてKDとコートに立つことを誰よりも楽しみにしていたであろうラッセルが、この試合全くの空回りで、シュートは決まらずボールはまわらず、どうしたん?って思いました。

後半、フラストレーション感じつつも早さを活かしてレイアップ決めたりしてましたが、とにかく単独プレイになりがちで、一人で頑張ろうとし過ぎて失敗するパターンが続出。まあそれでもさらっと21点取ってるのはさすがです。

二枚看板のこの二人が引っ張ろうと努力するもなかなかうまくまわらない。それでも得点源にはなれるのでフリースロー数とか一気に増えてるけど、同時にターンオーバーの数も増えている・・・。

周りを活かしたプレイがスターターには見られなかった気がします(まあもともとそうかもしれないけど)。

逆にベンチの方が踏ん張ってて、レジーとラムの活躍はありがたかった。
ラムは覚醒とまでは言えないけど、もしかしたらもしかしたかも!?とちょっと期待が高まりました。

とはいえ、なんやかんや言っても104点取ってるわけなので、オフェンス的にはKDが戻って安心感が出たかなと思います。ツートップがもっと調子が良くなって、イバカがもうちょっとがんばってくれることを祈るのみ。

ただね、この試合の何が問題って、ディフェンスの崩壊っぷりですよ。

細かいことは私にはわからないけど、ここまでのサンダーらしいディフェンスとは比べ物にならないひどさであることはわかりました。

まずペイント内にどんどん入られる。入られるだけじゃなくそのままシュートにもってかれる。止めようとしてファウル取られる。だからフリースローを与えまくる。それが続いてそのうち外からも決められ始める。中も外も攻められることでマークが全然追いつかない。その上リバウンドも取れず相手にセカンドチャンスを与えまくる。

この繰り返しだったような。

結局ディフェンスがダメで相手にランをかけられると一気にペースが乱れ、なんとか追いつこうと慌ててしまってオフェンスも乱れるという、そういう流れだったと思います。

ここまでの試合、点が取れなくてもいい勝負をしてこれたのは固いディフェンスがあったから。前半だけでペリカンズに69点取られた時点で相当な崩壊っぷりでした。

ちなみにまゆげことアンソニー・デイビスは確かにすごくて、長い手を思いっきり伸ばしてパークに豪快なブロックかましてたけど、前半21得点に対して後半は4点しか取ってないんですよ。その後半、まゆげに付いてたのはパーク!前半のイバカやKDはやられっぱなしだったけど、パークのディフェンスはやっぱりすごいんだなって思いましたね。


さて、そんなサンダーのディフェンス崩壊については、スコッティHCも相当ご立腹だったようです。

「どう試合をスタートさせたかって話だよ。NBAの試合に勝つためにはディフェンスのマインドセットがなきゃいけない。そのマインドでプレイするものだし、それをベースに我々チームは作られてるんだ。前半はディフェンス意識が低くてディフェンスができていなかった。」

「ピックアップをするとこういうことが起こる。ピックアップゲームをしていてシュートが決まらないと、15点とか20点とか負けることになるんだ。」

相手チームに16リバウンドも取られていることについて聞かれると、
「自分の身体ごとぶつかっていかなきゃいけないんだよ。このリーグはどのチームだってアスレチックだ。自分たちがアスレチックだからって、他の選手よりも高く飛べるってことじゃないんだから。」

うーん、やっぱり怒ってるね

全体的に元気がなかったサンダーのプレイに、エナジーが足りなかったかと聞かれると、
「エナジーの問題じゃなく、ただプレイしなかっただけのこと。マインドセットの問題だ。いつだってマインドセットの問題なんだ。エナジーはいつも十分ある。しばらく休みがあって限られた練習しかしていない。エナジーはマインドセットとは関係のないことだよ。」

ディフェンスのマインドセットが問題だと繰り返すスコッティ。

KDの復帰で他の選手の気持ちが緩んだのでは?的な質問をされると、
「KDの復帰は関係ない。問題は私たちがどうプレイしたかだよ。このリーグで勝つためにはディフェンスが重要なのを知っているのにも関わらず、いつもできているディフェンスをいかにしなかったかってことだ。我々はディフェンスを基本としているチームなんだ。ケビンの復帰は関係ない。ラッセルの復帰も関係ない。我々がどうプレイして、まさに今夜どうプレイしなかったかだよ、ディフェンスをね。」

はい、まさにその通りです。
ディフェンス、なかったです。

KD自身も、オフェンスは心配してないけどディフェンスはもっと頑張らなければとコメントしてました。

とはいえ、この試合はKD復帰戦です。
(忘れそうになった・・・)

そんなわけで、KD復帰についてのコメントもお届けします。

KD本人
「試合が始まって少し経ってからは気分が良かったよ。シーズン半ばの調子に慣れてくだけさ。少し時間がかかるだろうけど。でも俺には言い訳はできない。コートにいる時は何があってもハードにプレイしなくちゃいけない。コートではベストプレイヤーであり、リーダーであるべきだと思ってるよ。」

これからも頼むよ、KD。

モロー
「ラッセルとケビンの二人をコート上で見れて幸せさ。ケビンがコートに入ってすぐにリズムを掴むのを見れて、ほんと嬉しいよ。」

モローはまるでファンのコメントみたいだね。
モローはファンサービスもいつも丁寧だし、シュート決めてくれるし、がんばってね。


ラス
「もちろん負けたくはなかったけど、とにかく一緒にコートに戻れて嬉しいよ。次の数試合で自分たちのリズムを取り戻すと思う。とにかくリズムを取り戻さないと。シーズンで初めてスターター5人が揃っただんだ。だからもっといいリズムを掴まないといけない。今は全員健康状態がいいし、ラインナップにメンバーがたくさん揃ったし、色んなラインナップにスイッチできるし、だからこそリズムが大事だと思ってるよ。」

次は二人のコンビプレイをもっと見せてね。
二人が笑って楽しそうにプレイしてるのが見たいからね(ポンポンもね)。
リズムはラスにかかってる気がするから、ほんとに頼むよ。



さて、サンダーこれで5勝13敗となり、現在ウェスト13位。
勝率は、なんと3割を切っています。

なのにウェストは上位7位までが勝率7割というあり得ない状況!

サンダーがプレイオフに進むためには、なんとしても8位の椅子取り合戦に参加しなくてはなりません。8位のサンズは11勝8敗で勝率6割弱。

サンダー、プレイオフに行けるのか?

心配しているファンも多いでしょう。


その辺についてラスが答えてくれています。

「サンダーのロッカールームでは誰も心配してないって自信持って言えるよ。毎回完璧な試合はできないさ。それは不可能だよ。負ける度にこれでシーズンが終わるなんて思っちゃいられないんだ。完璧にプレイしようなんてしてないんだ。誰もそんな風に考えてないよ。コートに出て、勝つ時もあれば、負ける時もある。ただ毎試合精一杯の努力をするだけだよ。」

そしてKDも、チームを立て直せるかとの質問に、リーダーとして頼もしい返答をしてくれています。

「立て直せるって確信してるよ。
俺たちには最高のロッカールームと、最高のチームがあるからね。」


サンダーはロッカールームでの過ごし方が独特で、ファミリーとしての結束力(チーム力)を高めるためにチーム以外の人は中に入れないと聞きます。元サンダーのK-Martもその点を評価してたり、パークは他のチームの選手が入ってこようとした時にもめたこともあったり。

その結束力ももってすれば、この困難も乗り越えられると信じるKDの力強い言葉。

さらに私の一番のお気に入りはラスのこのコメントです。


あと何試合残ってるって?
60ちょっとあるんだろ?

で、8位のチームとの試合差がいくつだって?
5試合とか6試合だろ?

心配ないよ。



・・・・・・・・・・・!!!

はい!心配しません!

信じます!

信じてこれからもついていきます!

THUDER UP!!


参考記事
KD returns but the Thunder fizzle against the Pelicans, 112-104 by Royce Young
OKC Thunder: Kevin Durant returns, but defense falters in another Thunder loss by Anthony Slater
Thunder at New Orleans Pelicans Game Recap – Dec. 2, 2014 by Nick Gallo
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック