2014年11月30日

11/28 ラッセル復帰!サンダー快勝! vs NYK

OKCからこんばんは!
昨日のラス復帰戦の興奮冷めやらぬYOKOです。

予定通り、行ってきました、アリーナまで!!
シーズン前からニックス戦には行こうと思ってチケットを買ってあったのですが、まさかそれがラス復帰戦になるとは思わなかった。
まあもちろん、そもそもラスまで離脱することになるなんて思いもしなかったわけで。

この前にも3試合ほど、ブログに書いていないアリーナ観戦がありますが、とにかくまずはラス復帰の試合の様子を書かなくては!

ベンチに座るスーツ姿のラスを見るのも、そのラスの周りで繰り広げられるベンチの様子を見ているのも、それはそれで楽しかったけれど、やっぱりラスのプレイが見れるのが一番ですね。

この日は3階席からの観戦で、試合前の様子はこんな感じ。
seat_new.jpg

全体が見渡せるのでアリーナの盛り上がりをさらに見ることができました。

試合前に選手全員が練習に出てくる時点でもうアリーナはヒートアップ。
事前にスクリーンでラスが出場することが伝えられてるから余計です。

THUNDERの旗を持って出てくるストームチェイサーに続いて、選手のトップを切って出てきたラスは、そのまま普通にシュートを決め、もうその時点で期待感がぐっと高まりました。

練習が終わると、お祈りと国歌があるのですが、この日のお祈りではしっかりラスの復帰を神様に感謝する言葉が述べられ、それにアリーナが応えるように歓声が上がります。すべてのサンダーファンがラスが戻ったことを本当に喜び、感謝しているのがすごくわかりました。

そしていよいよスターターの紹介!

ラスの名前が一番最初に呼ばれると、アリーナは大きな歓声と拍手に包まれました。私も半泣きです。久しぶりに聞くラスの名前!ナレーションをする男性の声もいつもより力が入ってるように感じました。

後からTVで再放送を観た時には、ラスのとても嬉しそうに飛び出す姿が見れてまた改めてウルウル。

「シャワーを浴びてスーツを来て出て行って、ベンチの端に座るっていうのに慣れてきてたからね。こうしてまた今試合に出れて自分の名前が呼ばれる機会をもらえたんだ。これが当たり前だと思っちゃいけない。どんなときも絶対に。だから自分の名前が呼ばれるのを聞いてテンション上がって飛び出しちゃったんだよ。」

ラスもそう言ってます。

うんうん、ほんとに嬉しかったんだよね。
嬉しくて仕方ないっていうのはプレイでもすっごく伝わってきたよ。


そんなわけで、もう試合が始まる前から会場内は異様な盛り上がりで、既にいつも以上の一体感!

試合は今日もアダムスのTip-offで始まりました。
tipoff_new.jpg

そういえば、私はいつからか、試合に行ったら必ずティップオフの写真を撮るようになりました。前はイバカだったのが今シーズンはアダムス。

ご覧の通り、サンダーボールで始まった試合。
リーパスで観た人も、ハイライトだけチェックした人も、もうどれだけラスが躍動し活躍したかはご存知でしょう。

ラッセルハイライト


アリーナで観ていた私の感想はもうほんとにこの一言に尽きます。

ラス、はやっ!

これまで観てたのはなんだったのかと思う程、早いのなんの!

ラス自身が飛んだり跳ねたり緩急つけたりと、とにかくバリエーション豊かな動きで、遠くで観てるからこその行ったり来たりの早さもすごくて、感心するのを通り越して途中から楽しくて自然と笑みがこぼれてしまうのです。

もちろん、ラスのスピードの効果でチーム全体もこれまでにない早いペースでの試合展開となり、いわゆるサンダーらしいプレイがたくさん観れたわけです。

試合前にラスの復帰で一番助かる選手は誰かと聞かれ、「それは私だね」と冗談まじりに答えたスコットHCは、この日のラスについてこう言ったそうです。

「スタッツではわからないけど、彼にはチームメイトのレベルを上げる能力がある。それは優秀な選手にできることで、彼は今夜それをやってみせたね。」

早い試合展開についてはラス本人も、「とにかくペースだね。自分たちの早いペースでプレイするのがとにかくうまくいったんだ。だからそれが結果にもつながった。」と言っています。

確かにラスが戻ってペースは格段に早くなった。
でもこれについては、スコットHCが面白いコメントをしています。

「早いペースでプレイしたいさ。いいペースでね。そうしたい気持ちはあるけど、こんなに怪我人が多い状態では一番成功する方法を選ばざるを得なかった。早いプレイでなく、ハーフコートでのエクセキューション、試合のスローダウンによって勝てるチャンスを掴もうとしていたんだ。」

つまり敢えてゆっくりめに試合を展開させていたということ?
でも怪我人も3人のみとなり、早さが売りのラスが戻ったことにより、本来のサンダーらしい早い展開に切り替えたということもあるのかもしれません。

そうであったとしても、とにかく言えるのは、ラスは明らかに他のサンダーの選手とはレベルが違うということ。スーパースターというのはこういう選手だということです。

レジー、がんばってたけど、やっぱりラスとはまだまだ格が違う。

ちなみにラスはショットクロックが導入されて以来初めての24分以下で32ポイント8アシストを決めた選手だそうです。

ラスがそれだけの活躍をみせた復帰戦、そりゃあアリーナも終始盛り上がりました!

ラスのパス、ラスのダンク、ラスのレイアップ、ラスのジャンプショット、ラスのリバウンド、ラスのパスミス、、、

何が起きてもとにかくどよめき、歓声を上げ、拍手が起こる。
ラス復帰とあればそりゃあ当然0番ジャージでしょ!ってことでラスのジャージを着ていった私も、何度も立ち上がりました。
とにかく楽しそうなラスを観ているだけでこっちも楽しい!

ラスも試合に出れたことについてこう言っています。

「ワクワクしたね。出場できて大好きな試合ができて、ただただ幸せだったよ。特にチームの皆と試合ができたのがね。観客も素晴らしかった。すごいエネルギーを感じて、コートに出てるのが本当に楽しかったよ。」


残念だったのはカーメロのいないニックスがあまりにシュートが決められず、サンダーがやや余裕みたいな感じになってしまったこと。

ラスが1Qしょっぱなから相当な活躍を見せる中、ニックスはボロボロで、途中からかわいそうになってしまいました。そう、ニックスにはなんといっても元サンダーのエロ光り男、お魚さんことフィッシュHCがいるわけで、もうちょいがんばってほしかったり。

ちなみに、ホームではすっごく軽ーい感じて相手チームの選手の紹介をするのですが、この日ニックスのどの選手よりも、ノリノリで紹介されたのがそのフィッシュHCでした。

紹介アナウンスが既にほぼサンダーの選手と同じレベルで、下手したらスコットHCよりも大きな紹介のされ方だったかも。

そして当然アリーナはスタンディングオベーション
ものすごい大歓声と大きな拍手で、ああ本当に愛されてたんだなあと胸が熱くなる程の温かい迎えられ方でしたよ。

Royce Youngによると、サンダーの一部の選手も一緒に拍手を送っていたとか。
試合後も多くの選手がハグをしに行っていて、ほんとに心温まるシーンが見られました。


さてさて試合の方はといえば、大きくリードして余裕があったのでやや中だるみ的な時間もありましたが、アダムスとラスのコンビもよく(ダンク失敗→ダンク成功の時は会場内笑いが怒ったり)、イバカも活躍(すっごいダンクだった!)、ロバーソンのアリウープも決まり(ラスとの相性ばっちり)、もうとにかく楽しい試合でした。

前の試合から調子を上げてきたと思われる(まだ信頼し切れない)ラムは今日もいい感じだったし、ニックとパークのディフェンスは目を見張るものがあったし、パークは7点も取っちゃったし、そういえばアダムスはキャリアハイの13リバウンドだったり、やっとNBAデビューしたジェレッドもぎこちないながらも3ポイントを決めたし、書き出したら止まらないからこの辺でやめとくけど、全体的に底上げされたのではないでしょうか。

最後に少し、ラスの復帰戦についてそれぞれが語ったことをご紹介します。

イバカ
「彼はオフェンスを楽にしてくれるんだ。とにかく早いしゴールに突っ込んで行くのが得意だから。彼と最も効果的な形でプレイできるとオフェンスで点を取るのが楽になるんだ。」

ニック
「ラッセルが戻ったのは大きいと思う。ペースが早くなって皆彼についていかなくちゃいけなくなる。それが俺たちのペースを掴むことになる。ラスは素晴らしいプレイをしたと思うよ。彼があんな風にプレイしたら俺たちチームは簡単には負けないさ。」

「まるで新しいシーズンが始まったように感じるよ。皆なんとなくそう感じてると思うし、それで少し気が楽になってると思う。でももう少しいいプレイができるように考えなきゃいけないと思う。早い段階でかなり負け続けたしね。でもプレイのレベルやスタイルはここ1,2週間で良くなったよ。」

それに対してラスは、
「新しいシーズンが始まったように感じるかって言えるかはわからないな。ロッカールームにいる全員ががんばってることを忘れちゃいけないと思うんだ。彼らががんばってきたから今の自分たちがある。でも今はこれが自分たちの最後かのようにひとつひとつの試合に取り組まなくちゃいけないと思ってるよ。どんどん皆戻って来るし、そのための準備をしておかなくちゃね。」



そう、もうすぐ皆戻って来る!

ここにKDが戻ったら、、、って考えるだけで楽しい!

もうすぐNBAデビューのミッチももちろん楽しみだし、怪我の状況が一体どうなってるかわからないけど今シーズン覚醒したかもしれないペリジョンも楽しみだし。

とにかくラスの復帰をきっかけにサンダーが良くなることは間違いない!

ここから勝ち続けて、そして行くのだ、プレイオフー!

希望の光りが見えてきましたよ、皆さん!

ますます応援がんばらなくちゃいけませんね!

ラッセル、希望をありがとう!!


参考記事
Westbrook returns and OKC smashes the Knicks, 105-78 by Royce Young
Game Recap: Thunder vs New York Nicks by Nick Gallo

この記事へのコメント
素敵な記事を有難うございます!
なんか、この記事を読んで自分のごとく嬉しくなってしまいました。

Yokoさんが書くものはいつも本当にサンダー愛に溢れていて、読むこちらにまでその愛がとてもよく伝わってきて、hんとうに感動しました。

なんか、記事の内容と全然違うコメントで申し訳ありません。
でも、なんか先のことをどうしても書きたくなったので、書いてしまいました。

これからも一読者として楽しませて貰いますので、よろしくお願いしますm(_ _)m
Posted by らまだ at 2014年11月30日 23:03
ラッセル、やってくれましたね!

正直、ここまでの復活劇は期待してなかった、というよりは、お願いだから
無理なことをして、また怪我したりしないでね・・という気持ちのほうが強く
がつがつリバウンドも取りにいったりするなよな〜なんて思ってましたが、
それをラスに要求するのは、無理な話でした(汗)

そして、ラッセルのエナジーやパッションがチームメイトに与える影響力も
凄いんだな〜と改めて思い出させてくれました。

いやはや、こんなスーパースターとあんなこんな体験してしまった私たち
奇跡としか言いようがない!
怪我をしていた時期だったからこそ、というのもあるけれど、今更ながら
また、色々と思いだして心臓ばくばくしてます(笑)

でも、やっぱり元気にコートで駆け回ってるラッセルが見たい!
今度は汗だくのラスの手にハイタッチしたい!というのが正直な気持ちです。
3月まで待ちきれないですが、私が行くまで、Yokoさん、しばらくは
" 0 " を着て現地で応援よろしくお願いします<m(__)m>
Posted by Yukiko at 2014年12月01日 01:29
>らまださん、

こちらではお久しぶりです。
そしてステキなコメントありがとうございます!!

更新した時間見てもらうとわかると思うんだけど、この記事書くのにやけに時間がかかってしまった。

RoyceYoungの記事を読んでるだけで涙が込み上げて、自分がサンダーをどれだけ愛してるか再確認したほど(笑)。直前にラッセルツアーがあったこともあって、ラスへの想いもさらに強くなってる(すごい影響力だ)!

文章的にはちょっと抑えめに書いたつもりなんだけど、実はかなりの愛を込めて書いたので、らまださんのコメント心から嬉しかったです。ありがとう。

サンダー愛、らまださんも静かに溢れてるからこそ伝わるんだと思う。
あ、らまださんはラッセル愛かな?

らまださんのラッセルツアーの記事も楽しみにしてるよ〜。
私も違う観点でぼちぼちと更新していくので、こちらこそよろしくお願いします!

Posted by YOKO at 2014年12月01日 13:54
>Yukikoさん、

コメントありがとうございます!

時差もあるので、記事アップしてお昼前に起きて、メールチェックしたららまださんとYukikoさんからのコメントが来てて、なんだか笑ってしまいました(いい意味でね)。

いやー、ほんとにすごいなと思いましたよ、ラスは。
ほんとにスーパースターなんだな、と。

だからYukikoさんの気持ち、よくわかります。
ラスとのあれやこれやがいかに夢のような体験だったか。確かに普通に試合に出ていたらそうはいかなかったかもしれないですね。

貴重な体験に混ぜてもらって本当にありがとう!

でもやっぱりジャージ着てボール追っかけて走り回ってるラスが一番かっこいい!

次にYukikoさんが来るまで忘れられないように、非公認ラッセルファンクラブ現地会員としてがんばりますね!

Posted by YOKO at 2014年12月01日 14:06
プレイオフ、行きましょう!
そしてウエスト最下位からファイナル制覇!
レッツゴー!!!

YOKOさん、インタビューを読んでいるだけで涙が出ました。
私、ラッセルが好きなんですけど、ラッセルのプレイで泣くことはないのに
YOKOさんの記事のほうが泣けるかも…

12月に生ラッセルのプレイが観られる(であろう)と思うと
今から武者震いです。
ちょっと怖いくらいです!
怖がってたら背中を押してくださいね。
Posted by aderin at 2014年12月01日 17:32
YOKOさん〜復帰戦、毎日見ちゃってます。
現地様子ブログ、ありがとうございます。
試合前、神様に、ラッセルくん復帰を感謝…
そこからは、涙、涙で、読ませて頂きました。
ラッセルくん始め、色々なコメント…
フィッシャー…
胸がいっぱいです。
ファンも、選手も、愛が溢れてて、幸せです。

私は、娘とNBA見に行きたいと思ってるんですが…
彼女が、サンダーに興味なくて〜(^^;;
オクラホマ行けるのか、私?な、状況です(><)
Posted by マッキー at 2014年12月01日 18:39
>aderinさん、

コメントありがとうございます。

はい!
プレイオフ、行きましょう!
ウェスト最下位からのファイナル制覇、やりましょう!
夢は大きく!まだまだこれから!

私の記事で泣けると言っていただいて恐縮するとともに大変光栄で嬉しいです!
あまりにサンダーが好き過ぎて、たまに私も泣きながらブログ書いてたりするんで、変な感染力があるのかも(笑)。
でもインタビュー読んで泣いちゃうのはサンダー愛(ラッセル愛)が強い証拠ですよ。
私はラッセルのプレイ観てても泣いちゃいますけどね。
(ただ涙腺が緩いだけか??)

12月、私も楽しみです。
もちろん、怖がってたら背中押しますので大丈夫!
準備大変だと思うけれど、念願のホーム観戦を素晴らしいものにしましょう!
待ってますよーー!


Posted by YOKO at 2014年12月03日 01:48
>マッキーさん、

コメントありがとうございます!

復帰戦、何度観ても最高ですよね〜。
あのラッセルの躍動感。
楽しそうなプレイと笑顔。
あれが見たかったの〜っていうのを思いっきり見せてくれました。

マッキーさんまで涙、涙とは。。。
アリーナで半泣き(友達いたし大泣きはね・・・)、家で試合見てうるうる、色んな記事読んで大泣き、ブログ書きながらまた涙、と、私も泣いてばかりでした。

サンダーはほんとに愛があって温かいです。
アリーナに行くとさらに強くそれを感じます。
だからマッキーさんも娘さんを説得してオクラホマまでがんばって 来てくださいね!

Posted by YOKO at 2014年12月03日 01:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック