2014年11月11日

忘れられないホーム開幕戦!

真冬の寒さに突入したOKCからYOKOです!

OKCの天気は、昨日は20℃を超える暖かい日でまだ秋だねーって感じだったのが、今日からは最高気温が5℃前後、最低気温は零下というわけわからん状態。

0_weather.jpg

風邪引かないように気をつけないと。。。


さてさて、ホーム開幕戦から10日経ち、やっと開幕戦をアリーナで観てきたよ!っていうお話です。

それは11月1日(土)、サンダーにとって第3戦目となるデンバー戦。

既にブレイザーズとクリッパーズにロードで負けていたけれど、KDもラスもレジーもいない、たった8人のメンバーで、想像以上に踏ん張って惜しい試合をしていたので、ホームではなんとか勝ちを!と思ったのは私だけではないはず。

そしてホーム開幕戦は絶対に観に行こうと、前々からチケットを購入していた私たちはアリーナでの応援を心待ちにしていました。

ところが、直前になってダンナが仕事で行けなくなり、急遽友達のMさんと行くことになり、それは同時に一人でアリーナまでドライブするってことなわけで。

運転は慣れたものの、なんでも初めてはムダに緊張するもので、ドキドキしながらアリーナに向かいました。

ちなみに駐車場はアリーナ周辺にたくさんあります。

金額は5ドルから10ドルくらいが相場でしょうか。もちろん歩く距離によって変わりますが。

女一人で行って車を2ブロックから3ブロック手前に停めてアリーナまで向かい、帰りは暗い中一人でそこまで歩くと危ない気がするかもしれませんが、さすがにたくさんのサンダーファンが同じような方向にぞろぞろと歩いてるので、ゲームデーだったらそれほどでもない気がします。

緊張しつつも無事アリーナに到着。

開場は通常試合開始1時間半前なので、7時開始だったこの日は5時半に開場ですが、私が到着した5時15分にはもうたくさんのファンが並んでました。
1_line_new.jpg

ん?皆さん、気づきました?

今シーズンの選手の写真がちらっと写ってますね。
そしてなんかいつもと違う。。。
これまではこういう感じで、
2_outsidearena_new.jpg
選手がプレイしてるところの写真でした。

それが今年は皆腕組みして、シリアスな顔してて、背景の色も、なんか変じゃない?
さあ、早速一人一人チェックしてこうじゃありませんか!!

まず左からね。

ミッチ&ロバーソン
3_mitch&roberson_new.jpg

コリソン&ラス
4_nick&russ_new.jpg

KD&イバカ
5_KD&Ibaka_new.jpg

レジー&ジェレット
6_reggie&jerrett_new.jpg

パーク&モロー
7_perk&morrow_new.jpg

アダムス&ラム
8_adams&lamb_new.jpg
アダムス、だからヒゲが・・・んでラムは白目がコワいよ・・・

ペリジョン&テルさん
9_pj&telfair_new.jpg

ん?一人足りないぞ。

って今確認したら、ランス・トーマスがいませんね。多分どこかにいるのでしょうが、見かけなかったので今回写真はありません。

それにしてもなんか写真いまひとつじゃありません?
背景の色のせいか、合成のせいか、立体感みたいなのがないし。
私は正直あまり好きじゃないなあ。

とか思いながら写真を撮ってると開場時間になりまして、あわてて列に並んで会場入り!

いつもの通り、まずは金属探知器での身体検査がささーっと。
次にバッグを持ってる人は中を見せて荷物検査。
そして最後にチケットを見せて中に入ります。

入るとすぐ、その日のプログラムが配られます。
今回は初戦ということもあってか、マグネットのサンダースケジュールも配られました。

その後ちょこっとオフィシャルショップをのぞきましたが特に買物はせず、すぐに選手の練習を見に行くことに。

両チームの選手の何人かは試合前に練習していて、その練習を近くで見ることができます。

試合開始30分前までだったら、自分のチケットが3階席だろうが関係なしで、1階席のベンチ裏の席とかに行って本当に近くで選手を見れるのです。

そしてタイミングが良ければ選手が通路から出てくる時にサインをもらったりハイタッチをしたりしてもらえます。

サンダーの選手を狙うなら、チェサピークアリーナのセクション118とセクション119の通路付近に立っているべし!
※相手チームを狙うなら、セクション112とセクション113の通路側

ただし、サンダーの選手はあまり出てこなくて、昨シーズンまではコリソン、タボ、フィッシャーくらいでした。

そのうち2人が去った今、今シーズン出てくるのはコリソンだけかなあと思いながら1階席に降りていくと、サンダーの選手は誰もいない!

それでもホーム開幕戦だからか、いつもよりもたくさんのファンが通路の両側の席でユニフォームやボール、帽子を持って、選手が出てくるのを待っています。

私もなんとなくその場に立っていたところ、一瞬周囲がざわついて、、、

振り返るとなんとパークが出てきました!
パークが出てくるのはかなり珍しい。

何人かの子供たちにサインをして、すぐに一人黙々とシュート練習を開始するパーク。
10_perkpractice_new.jpg

間近で見るとやっぱり身体絞ったなあと改めて感じました。
後ろにはデンバーのタイローソンネイトロビンソン(tkさんご指摘Thanks!)がいますね。

その後コリソンの登場を期待したのですが出てくる気配なし。

うーん、もう誰も来ないなあと諦めてその場を去ろうとしたその時です!

さっき以上にその場がざわつき、、、

なんと!











まさかのKD登場です!!

今までこのタイミングでKDが出てくるのを見たことがない!
それも、ブーツを履いてゆっくり歩いてきたKDは、通路の奥のファンから順番にサインをしているじゃありませんか!!
11_KD1_new.jpg

おおお、素晴らしい!ファンは大喜びです!
私も大喜びです!!

私も何かにサインをしてもらえばいいのに何も考えてなくて(苦笑)、ただとりあえず近くで見たいと思って、柵の一番前に並んでいた兄弟とおぼしき少年二人の後ろに立ってみました。

ちなみにKDは私たちが立ってる方とは反対側のセクションのファンの対応をしながら、私たちに背中を向けたまま前を通り過ぎていってしまう・・・。

多くのファンがKDの注意を引いて近くに来てもらうために、口々に「KD!」と名前を呼び続ける中、私たちの前に立っているこの少年二人(8〜10歳の男子と5〜7歳の男子って感じ)、目の前にKDの背中があるのにただそこに立ってるだけ。

『そんなんじゃKD来てくれないよー』って思った瞬間、Mさんが「Kevin!!」とホームアローンのママくらいの勢いで叫んだ!笑

『やっぱり同じこと思ってたかー。それにしてもさすが同じくらいの子供がいるMさん、わかってるー!』なんて思いつつ、私もすかさず「KD!!」と数回叫んでみました。

すると、こちら側のファンにもサインを始めてくれ、例の少年二人も私たちの目の前でサインを無事にゲットし、それだけでなく、KDに何やら話しかけられているじゃありませんか!

丁寧な対応をするKDに感心感心。

そして、KDが少年二人の対応を終えてその隣のファンへと移ろうとした瞬間、少年の後ろに立っていた私はあわよくばハイタッチなどしてもらえないだろうかと期待して、隙間から思わずKDの方へ手を伸ばしてみたのです。

するとですね!!


その手に気づいたKDが、なんと!!





ハイタッチどころか、
しっかりと私の手を握ったんですーーー!!


握手って言ってもビジネスマンがするようなのじゃなくて、ちょうど腕相撲するみたいな形で、buddy handshakeとかって言うのか、よくわからないけど、そういう形で握り返してくれました!!

さらに、それだけで終わらず、

なぜか手を握った状態で私の顔を見たKD

うわーーーー!KDと目が合ったーーーー!!

と内心超興奮してる私に向かって、なんとなんと、あろうことか、

”How are you?” 

と笑って話しかけてきたーーーー!!




え?今なんて?え?私に何か言った?え?ほんとに何か言った?え?
これが私の頭の中で繰り返されていた言葉。

そして挨拶程度で別に返事も期待してないだろうこのKDの問いかけに、返事もできないほど舞い上がっていた私。

ほんの数秒のことなのに、10日経った今もはっきりとスローモーションのように覚えている出来事です。

もちろん、その後KDは私の返事を待つことなく手を放し、次のファンの方へ。
正気に戻った私は思い出したように目の前のKDを携帯で激写!

12_KD2_new.jpg

近いでしょ?この距離で目を見て話されちゃああなた!大変です!

そして私は後ろにいるはずのMさんの方を振り返り、「見た?今の見た?」と目で確認。

Mさんが「うん。ちゃんとYOKOさんに話しかけてたね。すごい!」と言ってくれたことで、やっと自分に起きたことを信じたくらい、ほんとにビックリかつ嬉しかった!

KDの手は、「大きい!」というよりも「暖かくて柔らかかった」
なんか優しさを感じる手でした。

過去にムトンボさんと握手した時は「でかくて分厚い!」って印象だった・・・。

KDが握ってくれた左手は、その翌日まで洗わずに過ごしたことは言うまでもなく、
自分がそういうことをするタイプだと思わなかったので、ああKDってすごいなあと変に感心してしまいました。

ちなみに、KDはその日試合を観に来ていた友達に挨拶をするために出てきたようで、一通りファンサービスをした後は一人黙々とシュート練習をするパークを見ながら、その友達たちとにこやかに談笑していました。
13_KDfriends1_new.jpg

14_KDfriends_new.jpg

そしてまた通路へ戻るときもKDとパークはサインに応じていて、今回はかなり濃いファンサービスをしてましたね。

そんなわけで、ホーム初戦が始まる前にもうかなり気持ちが盛り上がって(舞い上がって)いたわけですが、さらに席(この日は3階席)についてから見慣れない物が天井から吊るされているのを発見!

15_lightning_new.jpg

何だろうと思ってとりあえず写真を撮るだけ撮ってその後忘れていたのですが、会場が暗くなりいよいよ始まるその時に、そこから稲妻のような光が出て来るじゃありませんか!!その映像がこれ!!

#ThunderUP! You watching? Fox Sports Oklahoma.

Oklahoma City Thunderさん(@okcthunder)が投稿した動画 on



なかなかかっこいい!!

選手の登場シーンや紹介シーンも新しくなっていたし、もう何もかもが嬉しくて楽しくて興奮状態覚めやらず(この頃には一瞬KDとの接触のことは忘れていたほど笑)。

さらに嬉しかったのは、とにもかくにも試合に勝ったこと!

試合諸々のことは簡単にだけど別で書いたのでここでは触れないけれど、とにかくパークですよ!パークが決める度にアリーナが揺れた!この日は別人パークが大暴れで観客も大喜び。

最初から最後まで声援が途切れないサンダーのホームでの応援はやっぱりたまらないっ!

スコッティHCも言ってたけれど、怪我人だらけで正直ボロボロの試合になるかなあと思ってたのに皆の頑張りでリードして終えた1Q、自然と観客全員がスタンディングオベーションでチームに拍手を送ったときの一体感ときたら・・・なかなか味わえるものじゃありません。

"Thank you all!
I’m so proud of you guys!
And I’m so proud of being a part of Thunder Family!
We are Thunder!!"


全員でそう言ってるように感じました。

そして勝ったときも同じように。

出だし不調のサンダーだけど、毎回必ず誰かが活躍してくれて、新しい成長した姿を見せてくれて、それだけで嬉しくなっちゃうのはやっぱり感覚的にFamilyなんだろうなあ。

サンダーのホームでは、負けてチームにブーイングするっていうのは絶対にないと思うし、たとえ万が一負け続けても、私は行ける限りアリーナに行ってFamily一丸となって応援したいと改めて強く思ったホーム開幕戦でした!!

長いブログを読んでくださり、ありがとうございました!


この記事へのコメント
Perkの後ろに居るのはNate Robinsonですよ(^^)
KDとのコンタクト良かったっすねぇ、羨ましいっす。
Posted by tk at 2014年11月11日 23:20
>tkさん、

コメント&ご指摘ありがとうございます!

そうだーー!ネイトロビンソン!!
ソンしか合ってない... orz
超夜更かしで眠い中、写真再チェックしたら、あああ!デンバーのちっちゃい人写り込んでるーって嬉しくなった割りに名前が思い出せず、浮かんだのがそっちでした... やっぱり頭が機能してる時間にブログアップしないとダメですね〜。

さて本題?のKDとの件ですが、本当にとっても嬉しかったですよ〜!とにラッキーだったなと、今振り返ってもそう思います!

Posted by YOKO at 2014年11月12日 00:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック