2014年10月27日

OKC Thunder Scrimmage 〜サンダー青白戦に行って来たよ!Part3〜

はい、皆さん、こんにちは!
YOKOです。

さてさて、なかなか始まらない青白戦。

いやだってね、現地でこういうのを観れるとね、あれもこれも書きたくなってしまって、全然先に進まないのです。

私のブログ、バスケそのものを深く追求する方針じゃなくて、っていうかそんな知識や力量が私にはないので、とにかく現地でのあらゆるオクラホマかつサンダーな経験を共有していこうっていう位置づけなわけです。

そうなると肝心のところに行き着くまでの周辺情報がてんこ盛りになっちゃうんですねー。

でも今回は青白戦のお話です!

ほんとです!

さて、選手が子供たちと入場して来たところまでが前回

その後、皆一列に並んで、開会宣言が始まります。
22start_new.jpg
私はちょうどトイレに行ったので、ついでに別アングルで写真を撮りました。

そしてティップオフはアダムスとミッチ
24tipoff_new.jpg


KD率いる青チームは、レジー、ロバーソン、ミッチ、ザナ、ジェンキンス。
ラス率いる白チームは、アダムス、モロー、ラム、トーマス。

結果は65対53で青チームの勝ちでした。

ええ、お気づきでしょうが、少な過ぎです、出てる選手が!!

細かい話を知りたい人は是非こちらの記事をどうぞ。
Blue-White Scrimmage a Hit in Choctaw

スクリメジを観た私のざっくりとした感想は、、、

KDチームはレジーとミッチの動きが良く(遠い記憶になりつつあるけれど)、
全体的に噛み合っていて流れが良かったので、次第にラスチームを引き離していった印象。

負けてるのが悔しいラスも奮闘するものの、アダムスとのコンビネーションがうまくいかずにフラストレーションを溜めてるのがよくわかるシーンが何度もありました。

そしてタイムアウト中に真剣に動きについて話し合ってる姿
23russadams1_new.jpg

話し合いが終わり、握手(というかロータッチ)で気合いを入れるふたり
23russadams2_new.jpg

その後モローも活躍し出してラスチームが追いついたけれど、まあ、KDチームの方がバランスが良くて結果KDチームの勝ちで終わるわけですね。

パークとイバカがいなかったので、アダムスとミッチが張り合う姿を何度も見ましたが、ミッチは攻守に渡ってかなりいい動きで、すっごい期待が高まりました。

アダムスも悪くないのに、それ以上に目立っていた感じ。

無理矢理誘って見に来ていたバスケド素人の姉が、試合後私に、「33番の人が一番目立ってたね」と言った程(苦笑)。

私が事前にインプットしていた、すっごいプレイヤー=35番のKD、0番のラッセルのことなど一言もなし。

まあ、そのくらいほんとに目立っていたんですね、33番。

いくつか写真も載せときましょ。

25game1_new.jpg
ゴール下でリバウンド争いをするミッチとアダムスとモロー

25game2_new.jpg
豪快にダンクを決めるミッチ

25game3_new.jpg
モローのジャンプシュートとゴール下でリバウンド争いをするアダムスとミッチ

25game5_new.jpg
ゴールを決めるバレリーナのようなミッチ

25game6_new.jpg
えーっと、シュートしようとしてる、、、誰か、、、(苦笑)

このスクリメジ直後の私の期待は、新加入メンバーとしてはミッチとモローに、既存メンバーの若手ではアダムスとロバーソンに向かった気がします。

ラムは、、、可もなく不可もなく、でした。

で、実際にプレシーズン始まってみてどうかというと、なーんと期待していたミッチが怪我で戦線離脱ですっごい残念なことに。初戦でアダムスといい感じでコンビプレイをしてたからさらに期待が高まったのになあ!!

モローはここまで期待通り。KDいないから得点稼いでくれる人が絶対必要だし、3P決めてくれる選手がいないとツラいサンダーにとっては貴重な存在。
、、、と思ってたらモローも開幕直前に怪我というニュースが。KDの代わりに活躍してくれないといけなかったのに、、、4週間から6週間の戦線離脱って、どういうこと!?

アダムスはここ数試合ちょっと盛り下がった印象だけど、安定したプレイでさらに期待している次第。守るだけじゃなく、二桁得点をしてくれるセンターなんて大事にしないといけません!

そしてロバーソン。プレシーズンでの成長ぶりに感心している人も多いのでは?ラムとペリジョンを越えちゃったんじゃないの?と思うくらい、立派な活躍。誰よりも一生懸命プレイしていると感じられるのがロバーソン。諦めないのが素晴らしい!

あれ?

スクリメジの話が途中からプレシーズンと混ざりましたね。
ま、いっか。

とにかく、貴重な体験でした、スクリメジ。

スコッティHCも試合後のインタビューでこう言ってます。

「見に来ている人たちが楽しそうにしていて、コミュニティにとってこういうイベントがどんなに大事か改めて気づかされたよ。こういう練習試合のようなイベントをすると本当にそう感じるよ。僕たちはコミュニティのチームなんだ。」

そしてKDも。

「ファンが素晴らしかったね。試合を観に来てくれて俺たちのプレイを楽しんでくれる素晴らしいファンがいて幸せに思うよ。ファンからの愛情をすごく感じるんだ。だからコートに出てハードにプレイしよう!って思えるんだよ。」

選手も近くに感じられるし、リラックスしてる姿が見れるし、ファンもシーズン開幕したらチケット買って試合観に行こう!って思うだろうし、コミュニティ全体でシーズンを盛り上げて行くのにはもってこいの企画だなあと思いました。



盛り上げるといえば、サンダーアリーにあった、Thunder Boltというやつ。
26thunderbolt_new.jpg

聞いたことあったけど、なんだろう?って思ってたんです。

大体いつも人だかりで中に入る気がしないのですが、運良く誰もいない時があったので中に入って様子を伺ってきました。

中に入ると選手のいろんな情報が文字通り手に取るようにわかる仕組みになってる模様。

わかりやすいところで言えば、

実物大のアダムスと背比べとか、
26thunderboltadams_new.jpg

KDの靴の大きさと比較とか、
27thunderboltkd1_new.jpg

ラスの靴の大きさとはどう?とか、
28thunderboltruss_new.jpg
あ、隣にパークの足との比較もあった(笑)

パークとイバカの手と比べてみれたりとか、
28thunderboltperkibakahands_new.jpg

KDとレジーの手と比べてみれたりとか、
29thunderboltkdreggiehands_new.jpg

その他にも選手が使ってる実物大のシューズやウェアを手に取って、その大きさを見ることができるようになってました。
31thunderbots_new.jpg

すべてを体験してる時間はありませんでしたが、アダムスと背比べとか手の大きさ比較は実際に自分でもやってみて、やっぱり大きいなあと実感しましたね。

大きいと言えば、説明をしてくれたお兄ちゃんがパークの練習用ロングパンツを広げてくれて、そのデカさには思わず「一緒に写真撮りたいからお願い!」と言ってしまいました。

その写真がこれ↓
30thunderboltperkpants_new.jpg

足先まで入ってませんが、ちゃんと裾を地面につけているので私との比較はできてます。
私は身長156cm(この日はスニーカー)。
パーク、やっぱりでかいっす。

他にもテクノロジーを駆使した感じのタッチパネルのスクリーンとかあって、選手の情報やらを色々チェックできるようになってるみたいです。

これが毎試合、サンダーアリーやアリーナ内に設置されるのか聞いてみたところ、毎回ではないと思うとのことでしたが、なかなか面白いので、現地で見かけた人は覗いてみるのもいいかも。


そして最後に。

実はこのスクリメジの会場にて、私、とあるお方に遭遇しております。
そのお話は、スクリメジ番外編としてお届けしますね〜!

【サンダーの試合を観る!>14-15 プレシーズンの最新記事】
この記事へのコメント
いよいよ青白戦︎
更新お疲れ様です^ ^
このときすでにひたひたとKDの身に悪夢が忍び寄っていたんですね( ;´Д`)
その後も怪我人続出という現実…
あと2日ですね、心配しても仕方ないけれどやはり心配ですね。
災い転じて……
最後に笑うのは私たちでありたい!
にしてもyokoさん、パーク(のジャージ)とのツーショット面白すぎました(^^)
Thunder Bolt 入ってみたいな〜
Posted by えみ at 2014年10月27日 20:31
いやー現地在住ならではの体験ですね!
グッズやThunder Boltとかたまんないっす。
うらやましい。

このコア情報を日本語で読めるのがありがたい!


そして次回がまた楽しみ!
期待して待っております!
Posted by しゅう at 2014年10月28日 10:27
またまたお邪魔しますが、Thunder Bolt、なんかいいですね。何でもBIGなテキサスより、演出がうまいのがOKCの特徴かもしれません、なんて。

ところで、本来ならツイッターの話題かもしれませんが、コレおもしろかったですね!
http://deadspin.com/dont-freak-out-about-this-cryptic-kevin-durant-tweet-t-1651355298

ESPN記者「レブロンの故郷からのCM、良かったわ。KDのも見てみたいわ。」
KD「待ってろよ。」
ファン「やったー、KDがFA後にワシントン・ウィザーズ入りするってよ!」
(ハッシュタグKD2DCで大騒ぎ)
KD「何だよそれ、CMを故郷で収録するって話だよ、勘弁してくれ。」

アブナイ、アブナイ。ま、OKCのファンは冷静だったのではないかと推測しますが、なんて。
Posted by たつろう at 2014年10月28日 11:25
まだ番外編がつづくのか…(笑
この時はまだKDがいたんだ、ミッチもモローもまだヘルシーだったんだ…
でも、みんなの怪我はサンダーがステップアップするための布石ということで、ポジティブにとらえてます!
そして私がOKC現地観戦する時には全員がぴしぃっと揃っているという奇跡がおこり、ホームチームが勝つということになってます!(前回はホームチームが全勝しました。レイカーズも2試合入ってたので、かなりの勝利の女神っぷりだと思います。つまりダラスは…(ry
サンダーボルトも面白いですね!これだけ空いてたら行きたいなぁ。
小さい時から育った土地に強いチームがあって、色んな面でチームや選手がこんな風に積極的に地域と関わってくれたら、そりゃチーム愛育ちますがな!
よいなぁ、ファンとチームのwin-winな、相思相愛な関係…
OKCがNBAで一番なのではないかと思っております。
この写真は例の明るいパナのコンデジで撮影したものですか?またちょっとカメラ新調しようかな〜っと思ってたりして…エヘヘ
Posted by aderin at 2014年10月28日 12:26
>えみさん、

やっと青白戦まで辿り着けたよ・・・(汗)
確かにKDはねえ、そういうことなんだよねえ。すっごく元気そうにしてたけど、着実に疲労は進んでたってことかあって考えると、なんとも言えない。

そしてあり得ないほどの怪我人の多さにぽかーんとしてます。なんとかふんばってほしい。でも無理しないでほしい。ああ、複雑な気持ちだ!でも最後に笑うのは私たちだよねー!!

パークとのツーショットは無理だったので、ジャージとね。まずはそこからね。いつか本人とね。あ、いる間に撮らなくちゃ!(笑)

Thunder Bolt、入りたかったら来るしかありませんから!!一緒に入りましょ。待ってますよ。

Posted by YOKO at 2014年10月29日 16:39
>しゅうちゃん(さん?あれ?)、

おひさしぶるです。そしてコメントありがとうございます。

現地在住ならではと言ってもらえるブログにせねばと思っているのでコメント嬉しいです!日本語でコアなサンダー情報が読める点を大事にしたい!ありがとう!

試合のこととかサンダーナイトとかの日本の盛り上がりっぷりは、これまで以上にしゅう&あみのブログにお任せして、でもお互いにもっともっと相乗効果的にサンダーを盛り上げていけたらいいなーと思ってます。

ちなみに、いつか皆が本気でOKCに長期滞在することを踏まえて、どの時期に来ると何があるのか書いてたりもするので、是非参考にしてね〜。

次回の件、期待に応えられるかはわからないのだけど、、、よろしくです(急に弱気)。

Posted by YOKO at 2014年10月29日 16:57
>たつろうさん、

私は他のチームが現地でどんな風にコミュニティとつながってるのかちゃんと理解してないけれど、きっとそれぞれ地域密着の企画はあるだろうし、そのアプローチが大都市とスモールマーケットとでは違うんでしょうね。

サンダーはとにかく地元のファンと選手との距離を近く保とうとがんばってる気がします。直接の接触はなくてもいろんな手段で。Thunder Boltは大人の私でもかなり楽しめたのでいいアトラクションだなあと思いました。

紹介してくれたエピソード、ツイッターでも見かけたのですが、諸事情あってまだゆっくり確認できてないのです。まあ、KDのその辺りの話はしばらくついてまわるでしょうから想像はつきますが。でもKDはまだ帰りませんよーーー!!


Posted by YOKO at 2014年10月29日 17:07
>aderinさん、

そうなんですよ、KDは元気に飛び跳ね、ミッチは走りまくり目立ちまくり、モローもポンポンシュートしてたんです。これは脇に期待できる〜!って思ってたんです。なのに、みんな、、、どうして?って感じ。

残った選手にステップアップを期待したくてもちょっと人数少な過ぎて心配ですが、それでも強くなるためのチャレンジだと私も思ってます!そしてちょうど12月末には皆順番に戻って来て、いい感じに勝利が続いていくでしょう。aderinさんの力強い勝利の女神宣言、ステキです!年末もますます楽しみになってきました。

サンダーはほんとに地域密着なのが大好きです。前にブログにも書きましたが、悲しい出来事が色々あるオクラホマだからこそサンダーに寄せる想いも強く、家族愛的な色合いも強いし、それを理解した上でのサンダーの組織としての地域へのアプローチ。そして地元に来た初めてのメジャーなチームで、最初は弱かったっていうのも大きいと思います。負けても応援に行くファン、それに感謝してる選手とチーム。最初から強かったら違ってたかも。とにかくwin-winなのは間違いないですね。私がサンダー好きなのはそういう背景/カルチャーひっくるめてなので、aderinさんのコメント、なんだか嬉しかったです。

写真はそうです。今回の写真は全部そのカメラで撮ったのを使いましたよ。

Posted by YOKO at 2014年10月29日 17:31
ラス、案外足のサイズ小さい気がします…
唐突でごめん。
Posted by aderin at 2014年11月03日 16:48
>aderinさん、

確かに。。。隣のパークやKDに比べるとそうかもしれない。。。

唐突でも問題ないですよーー。
ホーム開幕戦にもサンダーボルトがあってすっごく空いてたので同じことしてきました!

aderinさんが来る時もあるといいねー。

Posted by YOKO at 2014年11月04日 08:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック