2014年11月09日

KD婚約のその後のお話

どうも、OKCからYOKOです。

ホーム開幕戦と金曜日の熊ちゃんとの試合をアリーナで観戦した時の話を書きたいのですが、ちっとも進まないので、今日は以前書いておいた記事をアップすることにします。

タイトル通り、KDの婚約のその後のお話です。

タイミング的にはもうかなり遅れてるのですが、“KD(もしくはケビン・デュラント)”、“結婚”、“嫁”などという検索ワードで、私のブログに来てくれる人がまだちらほらいるようなので、これはその後もお伝えしないといけないような責任を感じておりまして・・・。

確かにKDが婚約した時(それは2013年7月のこと)、アメリカ国内のみならず日本でもニュースとなり、私も大々的にこのブログ内で紹介しました。

速報として記事にしただけではなく、祝KD婚約スペシャルウィークと題していくつかKD関連記事を連続してアップしたほど。

ところが、その後のお話はそれほど大きくニュースになっていないわけです。

私もプライベートに忙しくてブログを書いていなかった時期がありまして、その件についてはこれまで特に触れずにきました。

婚約話からもう一年以上経つわけで、それなら今年のオフの間に結婚しててもいいはずで、KDの結婚なんてことになれば盛大に行われてるはずで、なのになぜそんなニュースがないのか・・・?


まあ、もうおわかりですよね。

つまりは婚約は破棄になったということです。

今もKDは独身で、怪我をしているこの時期、ママが甲斐甲斐しく世話をしてくれています。
※実際に彼女がいないという保証はありませんが。

じゃあ一体何がどうなったのか?

ざっと調べた感じではこういうことのようです。

2014年1月 どうも二人の関係は終わったのではないかと噂され始め、記事になる。
理由@ 婚約者のモニカがインスタグラムに婚約指輪をしていない自身の姿を載せることが増えたこと。
理由A 「自分にはいつでもウソはつけるけどいつか神様が真実を見せてくれる。」とか「もう前と同じじゃない」とか、KDとの関係をほのめかす内容を書き込んでいること。
理由B それまでお互いのことをSNS上に載せていたのにそれがなくなったこと。
理由C クリスマスもニューイヤーも一緒に過ごさなかったこと。

2014年2月 KDが浮気をしたという記事が出る。
浮気相手とされる女性が色々とツイートしたことでそのことが判明。
「奥さんがいようがいまいが関係ない」的な発言をしたり、それを削除したり、KDに「昨夜は楽しかった」とツイートしてみたりしたらしい。

2014年7月 婚約者のモニカがKDとの関係を終わらせたことを自ら発言して記事になる。
「去年婚約したことで関係が大きく変わったの。私はある関係を望んでいたけど、残念ながら多くの人がそのために自らのライフスタイルを犠牲にはできないみたいで。」


以上の流れから判断すると、信仰心の強いモニカはKDが浮気したことが許せず、結婚しても変わらないかもしれないKDに三行半を突きつけた、ということでしょうか。

正直なところ、この手のゴシップ記事は何を信じていいのかわからないので、KDが浮気したという話もどこまでほんとかはわかりません。KDはグルーピーを嫌って友達にガード役をさせてるという記事も読んだことがあるし。

また、モニカの発言も私は全部は聞いてなくて、あくまで記事を参考にしているので、それが女性関係のことなのかそれとも他のことなのかはわかりません。

ただ確実に言えるのは、二人の関係はもうとっくに終わっていた、ということ。

そんなわけで、KDはまだ結婚してませんよ。

そこの貴方、チャンスはまだありますよ。

というアップデートでした。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック