2013年11月16日

11/14 Thunder vs. Warriors 結果

こんばんは。
yoko_okcです。

昨日のクリッパーズ戦での乱闘事件、その後バーンズが罰金$25,000を課されたようですね。


ツイッターでの例の“不適切な発言”が問題にもなったようで。

まあサンダーには絶対来ないタイプのプレイヤーだと思うのでいいんですけど、一応コトの顛末を報告です。

で、一方のイバカは、特にそれ以上のおとがめなしで今日の試合にも出場。

ってことで、サンダーにとっては連戦となった、本日(現地時間11月14日)、アウェイでのウォリアーズとの対戦結果です!


11月14日 vs. Warriors (GSW) @Oakland
(日本時間11月15日午前11時半〜)


Thunder 115 - 116 Warriors

ハイライト/スタッツ
サンダー寄りのハイライトはこちら

サンダー、悲しい2連敗・・・。

でも今日もまた、ドラマのある熱い試合となりました。

ここまでの2試合、ラッセル退場イバカ退場、と、サンダーにとって凄く大きな試練があり、その試練をどう乗り越えるのかを試されているようなゲーム展開でした。

そして今日も、試練はやってきたのです。

とはいえ、今日はなかなかのスタートを切ったサンダー。

ウォリアーズお得意の3Pに手こずってはいたものの、こっちも負けずにシュートが決まりまくっていて、互いに点を取り合う、観ていて楽しいわーい(嬉しい顔)前半でした。

サンダーの重要課題となっている3Pも、ウォリアーズにつられるかのようにいつも以上に決まり、「ラム!ターボ!イエイ!」と喜んでいた私ですわーい(嬉しい顔)

ただ、2Qの終盤は、競っているとはいってもサンダーは今ひとつ流れに乗り切れておらず、ウォリアーズは得意の3Pをバンバン決めていて、どうにも相手に勢いがあるなあって感じでした。

そして後半になると、や〜な予感は現実となり、完全にウォリアーズのペースに。

外に振られ、インサイドに入られ、とにかくディフェンスが後手後手で全然止められないサンダーは、オフェンスでもちっとも自分たちのペースが取り戻せず、パスがまわらなくて、ラッセルがただただ突っ走るという状態。

KDのシュートの調子も後半からガタ落ちしてたせいで、ラッセルが『俺がなんとかしなきゃ』モードになってた可能性は否定できません。

ディフェンスでも、アダムスにはまだスターターは荷が重いようで、前回同様スピーディな展開にはまだまだついていけず、結局コリソンに頼らざるを得ない状況でした(アダムスにできないのにサビートには期待できるわけもなく)

シュートも決まらない、リバウンドも取れない、カリーに振り回されて見る見る点差が開く・・・がく〜(落胆した顔)

そんなフラストレーションの溜まる展開の中、なんと、KDが3Q終わりに4ファウル目!ファウルトラブル発生です。

困る!4QにKDがいなかったら負けちゃうじゃん!勝ちようがないじゃん!
ラッセルとイバカの次は、まさかのKD!?

そう思った瞬間に私が思わずツイートした言葉。
ここ3試合はサンダーにとって何かのテストのようだ。ラッセルいなくなったら、イバカいなくなったら、KDいなくなったら、さあどうすんの?って試されてるような。若手がステップアップするしかないんだよ。これはテストなんだよ、きっと。この経験を踏まえて強くなるんだよ。


そう、そして続く4Qに、そんな試練に立ち向かうような熱いドラマが待ち受けていました。

ファウルトラブルにも関わらず、スコッティHCがKDをベンチに下げなかったことで、開始早々にKDが5つ目のファウルをもらい、後ひとつでファウルアウトというピンチ。

ってことで一旦下げるも、どうも調子が上がらないのでKDを戻すと、KDが意地の3Pを決めます。

とはいえ、ファウルトラブルのKDがどうしてもディフェンスが弱くなってしまうところをウォリアーズに利用されてしまい、そう簡単には追いつけない状態。

それでもサンダーは諦めることなく食い下がり、ターボが3Pを決め、イバカがナイスブロックにリバウンド、その上レイアップ(and 1)と続き、さらにレジーがレイアップを決めるなど、とにかくみんなでKDのピンチをサポートし、一気に2点差まで追いつめます。

そして、残り10秒からの、このプレイ!


KDからパスを受けたラッセルは、躊躇することなく3Pを放ち、それがきれいにリングの中へ・・・!!!

もうこの瞬間、私、泣きましたよ

勝ちを確信して喜んだからじゃありません。

最後まで諦めない、サンダーのその気持ちのこもったプレイに感動して

今日も正直思ってました。

相手に流れを持ってかれて、どうにもこうにもサンダーのゲームができていないとき、ああ、これはもう手がないのかな、止められないのかな、どうしようもないのかな、と。

それが残り5分から、13点差をひっくり返す、あのサンダーらしい戦い。

それもKDに頼ったわけじゃない、どちらかというとKDのピンチを救う、みんなの戦い。

特にイバカは昨日のうっぷんを晴らすかのように、オフェンスとディフェンス両方で大活躍し、27得点はキャリアハイ、13リバウンド、3ブロックのダブルダブル

途中存在感が薄れた印象だったレジーも最後の最後、こういう場面にほんとうに強くなって貢献度大。

ずっと3Pが入らず密かに悩んでいた(と思われる)ターボも今日はここぞという時に決めてくれました。

そして、今日も変わらぬ戦闘モードで、逆転の3Pを決めてみせるラッセル(ちなみに31得点、9リバウンド、5アシスト)。

その時のプレイについて、ラッセルは「勝ちにいくつもりだったよ。引き分けにしようなんて思ってなかったさ。」と言い、 KDは、「ラスは大勝負に強いんだ。今夜はずっとそうだった。ボールを放した瞬間、入る気がしたよ。」と語ります。

さらにKDは、「コーチがタイムを取らずにそのままプレイをさせる判断をしてくれたのが良かったんだ。」と続け、それに関してスコッティHCは、こう話しています。

「ああいった場面でタイムを取らずに攻撃ができるようなチームになったんだと思う。ケビンに攻撃のチャンスはあったが、しっかりガードされていたから、KDはラッセルにパスをし、ラッセルはあのビッグショットを決めた。あれこそがリーグトップの選手がするプレイだよ。」


まあ結果的には、『うわぁ〜っ!』って感動してる間にタイムアウトになり、残り2秒の最後のウォリアーズのプレイでイグダーラにブザビを決められて逆転負けしたんですけどねもうやだ〜(悲しい顔)

テンションマックスグッド(上向き矢印)から、ガーンとショックバッド(下向き矢印)を受けた人も多いかと思いますが、私はそのがっかりの気持ち以上に、そこまでのドラマが感動的過ぎて、本当にいい試合だったなあと、いいもの見せてもらったなあと、なんだかほんわかしておりました(変わり者?)。

だって、毎試合毎試合、各選手の、そしてチームの成長が見れているのが嬉しいのです。

負けていても追いつける底力をつけてきたのが嬉しいのです。

応援する側の私が諦めかけたときに、諦めない気持ちを熱いプレイで見せてくれた、それがとても嬉しかったのです。

負けはしましたが、素晴らしい試合でしたし、サンダーはまだまだ伸び盛りでこれからだ!って思わせてもらいました。

気持ち的には、”I’m so proud of Thunder.”

サンダーが大好きだ!って心から思えたんで、今日はそれでよしとします。

参考記事はこちら↓
Andre Iguodala crushes souls as the Warriors top OKC, 116-115 by Royce Young
OKC Thunder: Golden State sinks Thunder on last-second shot by Darnell Mayberry
OKC Thunder notebook: Thunder looking to patch up perimeter defense by Darnell Mayberry
Game Recap: Thunder at Warriors by Nick Gallo


そうは言っても、負け続けてはいられません。

ロード最後の1戦は勝ちましょう。

次の試合は、

11月16日午後7時半〜 vs. Bucks@Milwaukee
(日本時間11月17日午後10時半〜)


えーっとどんな選手がいるのか、どんなチームなのか、まったく知りませんが、悔しい思いは勝って晴らす!

Let’s Go Thunder!!

【サンダーの試合を観る!>13-14 レギュラーシーズンの最新記事】
この記事へのコメント
yokoさん〜同感です。
イバカのブロック、レジーくん、落ち着いた冷静なセフォローシャさん…
そして、ラッセルくんの逆転3P!
感動MAX中の逆転だったので、ショックより、感動継続中でした^ ^

気持ち、気迫が伝わる、良い試合でしたね。
Posted by マッキー at 2013年11月16日 07:23
>マッキーさん、

マッキーさんも感動継続中でしたか〜!良かった〜!こんな風に感じていたのは私だけかとちょっと心配になっていたので・・・。

いや〜、あの瞬間は本当にすごかったですよね〜!そこまでのサンダーの盛り上がり方がほんとにドラマチックだっただけに、私も相当興奮しました。その後のオチは悲しかったけどあまりにあっけなく終わったので、感動の余韻が残ったのかもしれません。そう、ほんとに、気持ちと気迫が伝わる素晴らしい試合でした!

これからも諦めない強い気持ちで戦ってほしいですね。そして私たち、応援する側も、諦めないでいましょう!

Posted by yoko_okc at 2013年11月16日 19:21
今見終わりました〜これは凄い︎
実は私INDファンなんですが、トルネードの際のKDの行動に感動して、ウェストはサンダーを応援しようと決めたにわかファンです。
チームのケミストリーって大事だな〜と感じた試合でした。
ちなみに私はWOWOWとBS1で見ているので、INDの試合はまだ0、サンダーの方が多く見ています。
来春、ファイナルでINDとOKCが対戦したら最高ですね!
これからも引き続き応援しています︎
Posted by わか at 2013年11月17日 09:46
こんにちは。いつも楽しく拝見しております。アメリカの記事のことなど、勉強になります。

それにしても惜しい試合でしたね。でも、4Qの追い上げは見事でした。イバカが前日の退場の鬱憤を晴らすように奮闘していたのが、ぐっときました。

今シーズンはなかなか勝ち星に結びつかないことも多そうですが、反対になんとか上手く乗り切れれば若手の成長がプラスされて、また一歩上にいけるような気もします。なんか、昨年や一昨年よりも気楽に見られていて、それは同じチームを応援するということの一つの特権でもある気がします。選手やフロントはそうも言っていられないのかもしれませんが。
Posted by おおさこ at 2013年11月17日 11:49
>わかさん、

コメントありがとうございます。

そうですか、わかさんはINDのファンだったんですね〜!昨シーズンの最後、ヒバートいいなあって指を加えて見てましたよ。うちにもあんなセンターがほしいなあって(笑)。今年はさらに調子がいいようで、うらやましいです。

サンダーを応援するきっかけになったのが竜巻のときっていうのもわかる気がします。にわかファンでも全然OKですよ。サンダーはバスケの強さだけじゃなく他も熱いっていうところから惹かれていくパターン、ありだと思います。

WOWOWとBS1だけだと見れるチームがすごく偏りますよね。WOWOWでのサンダーの試合も今年は去年より少ない気がします。あまり期待されてないってことでしょうか。INDもサンダーもこれからどんどん放送されるといいですね。

ファイナルで対戦、、、サンダーの方がもっと頑張らなくちゃいけない気もしますが、そうなったらいいですね〜!楽しみです!

是非是非、これからも応援お願いしま〜す!



Posted by yoko_okc at 2013年11月18日 16:29
>おおさこさん、

コメント&嬉しいお言葉、ありがとうございます!

本当に惜しい試合でしたね〜。でも最後まで諦めない彼らの気持ちがすごく伝わるいい試合でもありました。イバカの存在は大きくなってきましたよね。精神的にもどんどん成長してクラッチでも決めてくれるようになってくれたらいいなあと思います。

今シーズンはまだ調整に時間がかかりそうですね。長い目で、過度な期待をせずに見守る感じでしょうか。でも確かにその分、おおさこさんがおっしゃるように気楽に見られる気はします。ここからまた成長して強くなっていく姿を応援していきたいですね。もちろん、フロントにはもうちょっと頑張ってもらわないと困りますけど(笑)。

最近は試合以外の記事を書く時間がなかなかないのですが、他の話題もどんどん書きたいと思っているので、これからもどうぞよろしくお願いします。


Posted by yoko_okc at 2013年11月18日 16:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック