2013年11月09日

元シックスマン、ケビン・マーティンの失言

こんばんは。
Yoko_okcです。

今日の話はサンダーの元シックスマン、ケビン・マーティン(K-Mart)の話。

ことの発端は、現地時間で先週の日曜(11月3日)。

今シーズンからウルブズに移籍し、スターターに戻ってのびのびとプレイしている K-Mart が、マジソンスクエアガーデンで行われたNY戦で30得点を挙げてミネソタに勝利をもたらした、その日。

K-Mart があることを言ったらしいのです。

それは翌日の4日(日本時間では5日の午前3時過ぎ)にツイートされました。



マーティンがウルブズでプレイすることについて、「プレイするのがとっても楽しいチーム。誰も得点でリーグをリードしようとしてないしね。」と述べた。


これだけを切り取ると、まるで K-Mart が元チームメイトの得点王について何か言ってるように聞こえるため、これが一部の人に『 K-Mart のKD批判』として受け取られたわけです。


そのツイートはもちろん、サンダーファンの間でも話題になりました。

ただ、実はこれを読む数日前にちょうど K-Mart の別の記事を読んでいた私は、『K-Mart はそんなつもりで言ってないだろうな』と思いました。
同じ記事を読んでいたサンダーファミリーも同意してくれましたよ!

そしてこの NBA Guru さんのツイートには、実は続きがあるんです。



サンダーファンにはお馴染みの、Royce Young が “どういうこと?”って感じでリツート。

それに対しての返事が「(KDに対する)批判だと思う?KDが得点でリーグをリードしようと努力してるなんて思ったことある奴なんていないよ。ただおかしな感じに聞こえちゃっただけだと思う。」

それ以外にもこのことに触れた記事はたくさんありますが、どれも、K-Mart にそんなつもりはなかっただろうという結論に達していました。

また、その後 K-Mart 本人も、その発言にそんな意味合いはないとはっきり否定し、「何もないのに何かあるようにでっちあげるパターンだよ。KDは俺の仲間で、もう直接話したからあの発言がKDに対するものじゃないことは彼もちゃんと分かってるよ。俺はKDのことを尊敬してるんだ。」と語り、

KDも、「K-Mart がどんな奴かわかってるから大丈夫だよ。そもそもそういうタイプじゃないから気にしてなかった。K-Mart とのプレイは楽しかったしね。」と大人な反応をしています。

参考記事はこちら↓
Did Kevin Martin take a shot at ex-Thunder teammates about leading the league in scoring? Nah.
Kevin Martin: 'KD is my guy'
Kevin Durant brushes off potential slight from former Thunder guard Kevin Martin
Kevin Love guides Wolves past Knicks, to 3-0 start

ちなみに、この騒動の数日前に私が読んでいた記事によると、、、

ウルブズでシューターとしての役割を期待されている K-Mart ですが、1年しかいなかったサンダーで学んだことを活かして、ウルブズを優勝できる強いチームにするためにがんばっているそう。

K-Mart がサンダーから学んだ大事なこと。

それは、家族的な雰囲気

出ました!サンダーカルチャー、Family でございます。

そして、こんな風に K-Mart は語っているのです。
「サンダーのロッカールームにはいつも家族的な雰囲気があった。ロッカールームに入ってファミリーの一員になるんだ。」

「毎日自分のすべきことをすること。チームとして結束し、優勝への強い気持ちを持ち続けること。優勝のためには強い絆がいる。才能だけじゃない。目標達成のためには、試合中も試合を離れても強い絆が必要だ。」

「だから俺たちが最初にすべきことは、ロッカールームで(サンダーのような)家族的な雰囲気を作り上げること。(チームメイト以外の)他の誰も入れず、その雰囲気を壊さないようにするんだ。今のところいい感じだと思うよ。時間のかかることだけど続けていくよ。」


また、11時からの練習でも8時半には来て練習を始める、そういうKDとラッセルのマインドセットも、チームに定着させたいとも。

彼の居場所はサンダーではなかったかもしれないけれど、ほんの1シーズンでもサンダーカルチャーを感じたことは K-Mart にとって大きかったのではないでしょうか。

あまりに突然の、シーズン間際の移籍だったこともあって、K-Mart が完璧な Family になれたかどうかはわかりません。

でもそんな短期間でも絆の強さを肌で感じ、それが優勝のために必要なものだと思ったとすれば、サンダーファンとしてはなんだかちょっと嬉しかったりします。

そんなわけで、実際サンダーを出た後もサンダーについては良いことしか言っていない様子の K-Mart なので、まあ今回のことはあまり気にしないのが一番だと思います。


それにしても、サンダーの元シックスマンっていうのはいつまでも話題になりますね。

ハーデンも K-Mart も私けっこう気に入ってたのでショックでしたが、今のサンダーにはアダムス船木がいるから、まあいいかなと思えるようになってきました。

え?アダムスはシックスマンじゃない?

いや、今日のピストンズ戦では、KD、ラッセルの次に得点獲ってますから!
ベンチメンバーで一番の有望株でしょう!

あ、また話がアダムスになっちゃったいましたねたらーっ(汗)

アダムスについては、ピストンズ戦の副題を『船木祭り』と称して改めて書く予定なのでそれはそれとして。なぜ『船木』なのかわからない人はこちらの記事をチェック!

今回の話をまとめますとね、K-Mart もサンダーのカルチャーを理解しているファミリーの一人だった、ってことです。だから悪い人じゃない、と。

確かに今の方が楽しそうにプレイしてるし、サンダーファミリーとしてはフィットしなかったかもしれないけどね。


この記事へのコメント
得点でリーグ内でリードしたかったのは、カーメロだー(^^;;

まあよかったです、、w
朝ツイートを遡ってて、元のツイート発見した時はカチンときましたよ、正直言ってw

Posted by くろ at 2013年11月10日 07:44
>くろさん、

コメントありがとうございます!

そうか!リードしたかったのはカーメロか!

KDは、獲ろうとしてるっていうより、他に点獲る人がいないから最終的にやらざるを得ないことも多いし、かといって無理に打ってるわけじゃなくて、うちのGがパスをしないことも多いですしね。

K-Martはそんな独特のチームになじめなかったってことでしょう。逆にもっと積極的に打っちゃえば良かったのにって思うけど。

私もハーデンほどの思い入れはなかったので、まあ、今本人が楽しいならいいかな、くらいです。でも同時に、サンダーで学んだことを活かそうとしてるっていうのは、サンダーファンとしては嬉しくて、こんな記事になっちゃいました〜!

Posted by yoko_okc at 2013年11月10日 19:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック