2013年07月24日

KD幻のツイート「俺たちはビジネスの犠牲者」

OKCからこんばんは。
yoko_okcです。

噂のマイクミラー、昨日のOKC入りに続いて、今日はメンフィス入りしていたようですね。

過去にグリズリーズにいたことのあるミラー、馴染みのあるメンフィスを選ぶのか、それともやはりリングに近いサンダーか、という感じだそうです。

詳細はこちらの記事をどうぞ↓
Thunder or Grizzlies: Where would Mike Miller fit better? by Anthony Slater

さてさて、今日もまた一つ、Daily Thunderの記事をご紹介しようと思います。

これは今朝の記事なんですが、訳そうと決めてすぐ、もちろん元のデータ(今回はツイート)をチェックしてどういう流れだったのか確認し、夜になってブログにまとめようとしたら、あるコトが起きてました。

実は、そのツイートの一部が消えてたんです・・・!

そんなわけで、今日は幻のツイートのお話。


まず最初に言っておきますが。

元記事ではもともと、本人たちの会話がツイート埋め込みで表示されていました。
いつも私がやってるパターンですね。

ところが、元データがなくなったことによって、二人の会話ではなく、KDだけのコメントになってしまっています。

私は元データがなくなる前の状態の記事をコピペして別に保存していたので、そちらをを翻訳して二人の会話が成り立つように仕上げています。

もともとはあったものですし、それをベースに書かれた記事だと思うので、今現在の元記事にはない文章が入っていますが、そこはご理解くださいませ。


元記事:Durant on losing Harden: ‘We were victims to the business’ by Royce Young, Daily Thunder

ハーデンを失ったことへのデュラントの思い:「俺たちはビジネスの犠牲者なんだ」

これは、ESPNマガジンのクリス・パーマーが、思いつきで勝手にパワーランキングなんかをツイートしたりしてたところから始まった、彼とケビン・デュラントとの間のちょっとした会話である。



‪@KDTrey5 もしも、KDとラス、そしてハーデンが揃ってトップ3(25歳以下)だったら、俺なら全員同じチームに残すだろうな。俺の個人的意見に過ぎないけど(笑)
ー chris palmer (@ESPNChrisPalmer) July 23, 2013


@ESPNChrisPalmer 財政上そううまくはいかなかったんだ。俺たちはビジネスの犠牲者なんだよ。
ー Kevin Durant (@KDTrey5) July 23, 2013



‪@KDTrey5 そうだね。数字の問題はわかってるんだ。事情はわかる。でもマイアミヒートはそこをなんとかしただろ(その後2つもリングを獲って・・・)。OKCには何ができただろうって考えちゃうのさ。
ー chris palmer (@ESPNChrisPalmer) July 23, 2013


@ESPNChrisPalmer 彼らは事情が違ったんだ。彼らは皆、同時期にフリーエージェントだったし、違うCBAだったんだよ。
ー Kevin Durant (@KDTrey5) July 23, 2013



KDの指摘について思うことが3つ:

1) 最初の点については彼が正しい。同じことを以前にも書いたが、リーグが更に厳しい税金を課してより競争のバランスを取ろうとしたことによって、スモールマーケットの看板男がどんな痛い目に合ったか。サンダーはハーデンを残そうと努力したし、サージ・イバカを“選んだ”わけじゃなかった。サンダーが犯したかもしれないミスは、あのタイミングでハーデンをトレードしたこと。しかしその時でさえ、当然のことだった。

2) 2点目も彼が正しい。マイアミの連中がなんとかできたのには2つの理由がある。ひとつは間違いなく、昔の団体協約であったこと、そしてもうひとつは、できるだけ多くのお金をセーブできるように自分たちの契約をうまくまとめたこと。彼らは3人が皆、ちょっとずつ少ない金額で契約している。それは、ハーデンが決して進んでやろうとしなかったことだ。KDがこうまとめている:



‪@KDTrey5 @ESPNChrisPalmer マイアミの選手はリングを獲るために契約金を少なくすることを選んだけど、サンダーに同じことはできなかったのか?
ー Andrew (@lakeshowAK7) July 23, 2013


@lakeshowAK7 彼らは皆フリーエージェントだったんだよ。俺はラスの前に契約して、ラスはハーデンの前に契約した・・・俺たちは将来的にお金が問題になるなんて知らなかったんだ。
ー Kevin Durant (@KDTrey5) July 23, 2013



3) KDが自分の状況をちゃんとわかってるってこと、更にそれを口にすることを厭わないってことはかなりすごいことだと思う。結論として言えることは、ケビン・デュラントは相変わらず最高だってことだ。




【記事補足】
マイアミヒートの3人がFAだったことについて
ウェイド、レブロン、ボッシュは同時期(2010年)にFAとなり、まずウェイドがヒートに残ることを決め、続いてボッシュ、レブロンとヒートへの移籍を決めています。

CBAについて
CBA: Collective Bargaining Agreement(団体協約)については私も詳細はわかってませんが、2010–11シーズン終了とともにその当時のCBAが終了し、ご存知ロックアウトに入りました。その後12月に新たなCBAが締結されています。つまり、上記3人は昔のCBAの時にマイアミに移籍となっています。

ちなみに、会話のスタートとなった、パーマー氏の25歳以下の選手トップ10ランキングは以下の通り。



そして、二人の幻の会話の最後は、こんな風に終わっています。



‪@KDTrey5 それでもまだ(ハーデンがいたら)どんなだっただろうって考えてしまうんだ。でもKDとラスとイバカだってトップ3の3人組。ま、君たち3人の頑張り次第だね。
ー chris palmer (@ESPNChrisPalmer) July 23, 2013

@ESPNChrisPalmerもちろん!楽しいシーズンになるはずだよ。
ー Kevin Durant (@KDTrey5) July 23, 2013

このツイートは残ってるんで、このくらいだったらオッケーだったんでしょうか。


まあそれにしても、なぜこの会話の一部が削除されたのか・・・。

削除されているのはKDのツイートの方で、パーマー氏のツイートは残されてるんですよ。

よって、この手の話にKDが公の場で意見すべきでない、なんていう忠告がどこかから入ったせいではないかと私は思っていますが。

Daily ThunderのRoyce Youngから直接ブログ翻訳の許可をもらっていますし、Daily Thunderがこの記事を載せている限り、私も載せておきますが、諸事情により突然削除される可能性もありますので悪しからず・・・?

この記事へのコメント
日本からこんばんわ。
翻訳して下さいまして有難うございます。
私もDairy Thunder読んでて、なんとなく意味は解してはいたんですけれども、こうやってきちんと読んで納得しました。

にしても、サラリーの問題は難しいですよね。同じスモールでもSASとかのようにうまくやっているチームもありますが、OKCは本当に厳しいんですね。
同じようにINDも厳しいという記事を前に読んで、INDに対してもちょっと親近感を湧かせた感じがあります。
こうやってKDのような選手が言及することによって、リーグももう少し考えてくれたらなあ、という気もします。
結局ビックマーケットはどんだけTAX払っても、いい選手を集められるし、キャップを作った意味って正直あるんだろうか、とか最近常々に思ってしまいます。

あ、ちなみに、マイアミの3人が…ってのは、前にマイクミさんとの契約を結ぶ為にってのを聞いたことがあるので、また、ちょっと違うような気がします。まあ、でも、抑えたことには変わりないですけどね。
そのマイクミさんも結局アムネスティされちゃって、どうなるんでしょうかね?私は特にマイアミにいたとかどうとかはあんまり気にはならないんですが、早く結論を出して欲しいな、とそればかり思ってます。
Posted by らまだ at 2013年07月24日 22:03
らまださん、

どうもどうもこんにちは!

らまださんはきっと読んでるだろうなあと思いました。私もいつも英語でそのまま理解してる感じなので、いざ日本語に、それも人様に読んでもらえるレベルにしようとするとなかなか大変ですが、まあいろんな意味で勉強になりますね。お役に立ててれば嬉しいです。

それにしても、KDがこうやって言うのはいいことだと思うんですが、結局削除する結果になってますから、大人の事情があるんでしょうね・・・

スモールマーケットでも色々事情は違うのでしょう。どこも基本的には長い目で育てていく戦略なんでしょうけど、OKCの場合は想定以上に早い段階でKDやラッセル、ハーデン、イバカと若い選手が育ってしまったのが大きいような気もします。

マイアミの3人云々の話はこの会話の範囲でしかわかりませんが、なんにせよ、協力し合っていい選手を集めるっていうパターンはOKCには当てはまらなかったってことで、違う形で勝ってもらうしかない!お金が無いなりのチーム作りでいつか優勝してほしいものです。

Posted by yoko_okc at 2013年07月25日 06:45
いつの時代もどこの世界にも‘大人の事情’って多々ありますね〜。
サンダーの優勝に一役買ってくれる人材は現れるのか?
多少の期待とともに出ては消えるいろんな噂にも注目していましたが……………。
何かちょっと疲れますね(>_<)。
でも変わらない面々という事はチームワークもすでにバッチリって事なんでしょう?からもう早いとこ開幕して貰いたいものです!!
KD、ラッセル(当然他メンも)ケガさえなければ若くて優秀な彼ら。すでに無敵でしょう!!


と言わせて下さい(^_^;)
Posted by えみ at 2013年07月25日 09:22
>えみさん、

もうあれこれ言っててもハーデンは帰ってこないし、今のメンバーでがんばるしかないですよね。

それにえみさんの言う通り、今だってKDとラスがいる。それだけでも十分強いはず!


と言いたい気持ち、ほんとよくかります〜。

結局ミラーも消え、フィッシャーが来ましたね。
こうなったら馴染んだメンツでチームワークばっちり、開幕から飛ばしてもらいましょう!

Posted by yoko_okc at 2013年07月25日 11:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック