2016年09月07日

オフの決断A 〜KDの決断・一体何が変わったのか〜


前回に引き続き、『オフの決断』シリーズです。

KDのあの決断を受けて、あの日私が何を思ったか、そしてその日からしばらくの間どう感じていたか。私の気持ちは前の記事で書きました。

哀しみや怒りや絶望、色々な感情が溢れて、何をどう考えていいか、本当にわからなくなるほど。

その感情の渦の中で、最後に辿り着くのはいつも、なぜ?という疑問でした。

なぜKDは、サンダーを、そしてオクラホマシティを去ったのか。
なぜKDは、ウォリアーズを選んだのか。
なぜKDは、あの形で決断を発表したのか。

一番の『なぜ?』は、サンダーの人々が、サンダーファンの人々が、そして誰よりオクラホマの人々が、その決断でどれだけ傷つくかわかっていて、それでも移籍を決めたのはなぜなのか、でした。

その後、その理由について様々な噂が出ましたが、今回ここで紹介しておきたいのは、私のブログではお馴染みのサンダーの番記者、Royce Young氏がKDの決断発表直後に書いた記事です。Royceは、オクラホマ出身でOU(University of Oklahoma)卒の地元番記者/ESPNのライターであり、サンダーブログDaily Thunderの管理人で、その記事にはいつも以上に地元民の気持ちが込められている気がしました。

私はショックで呆然としている状態でこの記事を読んだのですが、決断を聞いて次から次へと湧いてくる私の想いが、記事の中にそっくりそのまま散りばめられていて、読みながら大声を上げて泣きました。彼がオクラホマ民の気持ち全てを語ってくれている、そう思いました。

だから日本語に訳そうと決めたのですが、訳してから気づいたのは、いつもの彼らしくない部分が多いということ。話があちこちに飛んでいて、日本語にしようとするとどうもうまくつながらない部分が散見していました。おそらくタイムリーに記事を発表するために、事前に用意していた文章を急いでツギハギしたせいもあるでしょう。でもそれ以上に、Royce自身がショックを受けていて、それが文章に表れたのかなとも思います。もちろん私の推測の域を出ませんが、だからこそ、私自身もう何がなんだかわからない、整理しきれないあの気持ちの中で英語の記事を読んだ時には、何の違和感もなく心に響いたのだろうとも思います。

そんなわけで、多少前後を補足したり意訳したりしている箇所もありますが、とにもかくにも、彼の記事を皆さんとシェアしたいと思います。

あの日、何があったか
あの日までに何があったか
あの日、オクラホマ民が何を思ったか

あの決断に至る背景やその決断によるインパクトが、さらに具体的に伝わると信じて。

※とても長い記事なので、お時間のある時に是非
続きを読む