2016年07月11日

KDの移籍で今私が言えること


KDの移籍発表から1週間が経つ。

これまでに多くの人がこの件について想いを語っているのを横目に、未だブログも書けない私は、この一大事において一人ぽつんと置いていかれてる気さえしていた。

3日くらい経てば落ち着くかもしれない、自分の気持ちを書けるかもしれないと思ったけれど、ふとした時にさえ涙があふれて止まらないのに、ブログに想いを込め過ぎて泣きながら記事を書く私がまともに言葉を紡げるわけもなく。

気持ちの整理をつけるためにも、と思って何度もPCに向かったけれど、書いては消し書いては消し、を繰り返した。

それでも1週間くらい経てばなんとかなるだろうと思っていた。

そして今。

正直に言うと、まだ整理はついていない。

正確に言うと、まだ直視できていない。

ここ数日はその事実から逃げるように、関連記事も読まず、KDとは関係のないことに時間を費やすことに一生懸命だった。

それなのに、意図に反していつもそのことを考えている自分がいる。

サンダーファンとして、KDファンとして、オクラホマに住む者として、立場も想いも交錯していて、今回のことを自分なりに『ちゃんと』書くにはもう少し時間がかかると思う。


それにしても、最後に書いた記事が、KDのオクラホマ州殿堂入りの式典なのがまた複雑な気持ちにさせる。

あの頃のKDはどこへ…

考えても仕方のないことが頭をめぐる。


7ヶ月振りにこんな形でブログを更新することになったのもとても残念だけど、それはブログをほったらかしていた私の問題か…(苦笑)


posted by YOKO at 23:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他>雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする